スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン・ジャックへの道

Category : 徒然映画

サン・ジャックへの道


監督:コリーヌ・セロー

キャスト:

ミュリエル・ロバン、アルチュス・ドゥ・パンゲルン、ジャン=ピエール・ダルッサン、マリー・ビュネル

パスカル・レジティミュス、エメン・サイディ、ニコラ・カザレ、マリー・クレメール、フロール・ヴァニエ=モロー

製作:2005年、フランス


昔から仲の悪い社長の長男ピエール、教師の長女クララ、無職の次男クロード。母が亡くなり、遺産相続のため公証人へ相続内容を聞きに久々に3人が集まった。しかし、その内容を聞いて3人は驚愕する。


「遺産相続の条件は、聖地サンティアゴまでの1500キロの巡礼路を、兄弟で一緒に歩くこと。」


嫌がる3人だが遺産のため、渋々承諾するのであった。


巡礼当日、ガイドのギイを筆頭に、謎の女性マチルド、卒業記念として参加するカミーユとエルザ。カミーユの同級生であるアラブ系フランス人サイッドとメッカを目指すと勘違いしている失読症の友人ラムジィ。そして、あの険悪な3兄弟が参加することになった。


何やら問題のありそうな面々で、9人の巡礼の旅が始まろうとしていた。


Comment:

フランスから遠いスペインのサンティアゴまでの道のりを徒歩で巡礼しながら人のふれあいを描いた作品。


9人全員が主役のような作品でした。


まず、仲の悪い3兄弟。裕福な暮らしのためか自分が動くことを極端に嫌う長男ピエール。教師としてのストレスなのか、それともお金に困っているためなのか、いつも険しい表情の長女クララ。何もせずたまに会う娘にもお金をせびる無気力な次男クロード。そんな3人が仲が良いわけがありません。久しぶりに会ったにも関わらず、目も合わせい3人。一言話しかければすぐ口喧嘩になってしまいます。度を越すと口だけでなく手まで出してしまう始末。ピエールとクララの壮絶な喧嘩は、本人たちは真剣でも子供の喧嘩ようで逆に笑ってしまいました。


ガイドのギイは3人の行動に困り果ててしまいますが、彼には他にも悩みがあるみたいです。・・・家族と会えない寂しさは、帰りを待つ側も同じということなのでしょうね。でも可哀想なギイだと思っていたら・・・。


失読症のアラブ系フランス人ラムジィは、友人サイッドに騙されてイスラム教のメッカを目指していると勘違いしてしまいます。でもサイッドは目指す場所は関係なく、ラムジィの失読症をこの巡礼中に治してくれる人を見つけたかったようです。恋心を抱いていたカミーユがこの巡礼に参加していたところを見つけたからというのもありますけどね。


そして、ラムジィは何とクララに文字を教えてもらうことになります。初めは断っていたクララでしたが、正直に生きる純朴なラムジィと交流していくうちに彼女にもやっと笑顔が見え始めます。


ラムジィがこの巡礼者の一行に癒しを与えていたようでした。


はたして彼らは聖地サンティアゴへ無事に着けるのか、そして、この巡礼の旅で何を得るのか・・・。


彼らは、お金で買うことができない人とのつながりや助けあう精神を得たのではないでしょうか。


道中で起きるさまざまな出来事が笑いを誘ったり、また、彼らの夢の中の映像がストーリーの間に入ったり、単調な旅路をコミカルかつ幻想的に描いています。


いつも見る景色を歩きながら眺めると、印象が変わるのと同じように、人生を早足で走っている人はちょっとスピードを緩めると、見えなかったものが見えてきますよと伝えているような作品でした。



★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト

Comment

人とのつながり

ひでさんが書いてらっしゃるように、人生
たまにはゆっくり歩いていくことも必要なんだなぁ、と感じさせてくれる映画でした。

人と人との繋がりや出会い、それが人生を
左右するってことたくさんありますよね。
この巡礼の旅に出た面々もこれで
かなりこれからの人生が変わってしまいましたもんね~。それもみんな良い方に。

景色も良かったし、なんだかとってもいい気分に
なれる映画でしたね~♪

今年もあとわずかとなりました。
ひでさんのブログに出会えたことは
とても素敵な今年の収穫(?^^)です♪
いろいろありがとうございましたm(_ _)m
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良い年を迎えられますように♪


>メルさんへ

あけましておめでとうございます。

私もメルさんとブログで出会えたことで、
映画&ブログを楽しむことができました。

これもまた、人のつながりですね(^_^)v

今年も宜しくお願い致します。


ラムジィ

TBありがとう。
少年はもともと頭がよかったんでしょうね。
言葉をみるみる読めるようになっていく様子は、楽しかったですね。


>kimion20002000さんへ

今までラムジィ少年に教える人が
いなかっただけなのかも知れませんね。

純粋な心を持った少年ですから、
教えたことをすべて吸収できたのでしょうね。


大好きな作品です^^

これは良かったですよね~^^
三兄弟のお母さんの遺言って素敵だと思いました。
遺産以上の財産をもらったのではないかと思います(^ー^)
トラバさせてくださいね♪


>じゅりさんへ

私も大好きな作品です(^-^)

お母さんはさぞかし三兄弟の仲が心配だったのでしょうかね・・・(^_^;

大の大人が・・・と思ってしまう三兄弟でしたが、
ゆっくりと進む巡礼の旅と同じように
3人の心にもゆっくりと協調性が生まれていくところが良かったです。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「サン・ジャックへの道」

サン・ジャックへの道ハピネットこのアイテムの詳細を見る 仲の悪い3人の子どもたち、長男ピエール、長女クララ、次男クロード。ある日、彼らのもとに 亡き母の遺言書が届く。そこに遺産相続の条件として、フランスのル・ピュイからスペインの 西の果て、キリスト教の聖地サ

サン・ジャックへの道

監督:コリーヌ・セロー 脚本:コリーヌ・セロー 出演者:ミュリエル・ロバン、アルチュス・ドゥ・パンゲルン、ジャン=ピエール・ダルッサン、マリー・ビュネル、パスカル・レジティミュス、エメン・サイディ、ニコラ・カザレ、マリー・クレメール、フロール・ヴァニエ=
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。