スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親密すぎるうちあけ話

Category : 徒然映画

親密すぎるうちあけ話


監督:パトリス・ルコント

キャスト:

サンドリーヌ・ボネール、ファブリス・ルキーニ

ミシェル・デュショーソワ、アンヌ・ブロシェ、ジルベール・メルキ、イザベル・プティ=ジャック

製作:2004年、フランス


パリの街を思い詰めた表情で歩く女性アンナ。カウンセリングを受けるためにとあるビルの6階にあるモニエ医師の診療室へ入る。彼女の悩みは結婚生活だった。4年目の現在、夫マルクとは冷え切って互いに触れることもないという。アンナは現在の状況を説明した後、医師の言葉も聞かずに、次の予約をして足早に出て行った。


しかし、アンナは大きな間違いをしていた。悩みを告白した男はモニエ医師ではなく、診療室の隣室で個人税理士事務所を経営しているウィリアムだったのだ。間違いであることを指摘できずに当惑するウィリアムは、バツイチの独身。前妻のジャンヌとは今も着かず離れずの関係にある。


次の予約の日。アンナはまたもウィリアムの言葉を遮り、衝撃的な悩みを告白する。


「夫は他の男と寝ろというの・・・。」


ウィリアムは間違いであることを告白できずに、モニエ医師と偽り、カウンセリングの真似事を始めてしまう・・・。


Comment:

偽者のカウンセラーと結婚生活に悩むミステリアスな女性の心の駆け引きを描いたラブストーリー。


仕事人間で紳士的なウィリアム。父親が経営していた事務所を継ぎ、平凡と暮らしていた毎日に突然訪れた非日常的な出来事。冒険家にもなりたかった彼は、夢に憧れる少年の好奇心を今も持ち続けていたのでしょうね。趣味が玩具収集であったり、1人で音楽に合わせながら踊り弾けたりするシーンなどで彼の本当の心が表現されています。特にダンスシーンの弾けっぷりは、他のシーンとのギャップもあり笑えました。


そんなウィリアムがどんどんアンナに惹かれていきます。カウンセラーとして接しなければならないため、ウィリアムはなんとモニエ医師に助言を乞うことも。このモニエ医師がまた曲者でユニークな人物です。モニエ医師がウィリアムをカウンセリングし、ウィリアムがアンナをカウンセリングするという奇妙な関係が生まれています。


しかし、とうとうアンナに偽者であることがバレてしまうのですが・・・。


カウンセラーという職業がある以上、専門的な知識が求められると思うのですが、悩みを相談する人というのは、家族や友人ではない第三者の人物なら誰にでも悩みをうちあけるだけで意外と心がスッキリするのかもしれませんね。


ウィリアムとアンナの場合は、中盤以降、お互いにカウンセリングしていましたが・・・。


作品は官能的なイメージのあるタイトルとは異なり、ミステリーな雰囲気を与えつつ、時にコミカル。そして、淡い恋を描いています。視覚的には官能シーンは一切ありませんが、アンナが語る悩みと、ウィリアムとの心の駆け引きから思考的には官能的であると言えますね。大胆な官能シーンが多いフランス映画には珍しい作品です。


監督はパトリス・ルコント。「列車に乗った男」が初見で、この作品が2作目になります。まだ「髪結いの亭主」や「仕立て屋の恋」などの有名な作品が未見なので観てみたいです。


愉快なロマンティック・コメディではありませんが、大人の男女がしっとりと楽しめる作品に仕上がっています。



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

いいラインですねぇ~

『ギルバート・グレイブ』
『善き人のためのソナタ』
『灯台守の恋』

どれもいい作品ですよね!
と、いっても後の2作品は未見です!

観たい!と思っているけれどまだ・・というリストの中にあるものばかり!
いいなぁ~♪早く観なくちゃ!!
(最近このコメントばかりでスミマセン)


ウソ

「ウソで固めたカウンセリング」ってのが、いかにも映画的で、ありそうな話ですが、それでもとても気になりますね。
ウソをつきとおして『THE 有頂天ホテル』みたくなっちゃったら、お笑いだけど。
ウソをついていると、やっぱりどこかぎこちなくなりますもんね~。アハハ。

>悩みを相談する人というのは、家族や友人ではない第三者の人物なら誰にでも悩みをうちあけるだけで意外と心がスッキリするのかもしれませんね。

わたくしもそう思いま~す!


>Dさんへ

「善き人のためのソナタ」は、期待大で観たのですが、
それ以上に素晴しい作品でした。

「灯台守の恋」もよかったですね。
古き良き時代の作品のようにさえ感じました。

「親密すぎるうちあけ話」もサンドリーヌ・ボネールつながりで観たのですが、
「灯台守の恋」とはまた違う彼女を観ることができます。

どれもオススメですので、
機会があればぜひご覧になってくださいね。


>ぬーさんへ

そのカウンセリングが次第に逆転していく妙も面白かったです。

でも、そのカウンセリングはきっかけであって、
2人の心の駆け引きと恋の行方を堪能できる作品でした。


打ち明け話

を、第三者に聞いてもらえるだけでも
案外スッキリするのかもしれないですよね~。
特にアドバイスらしいアドバイスがなくとも
あれだけ真剣に静かに自分の話を聞いてもらえたらいいなぁ、と私も思いましたもん^^

そうそう、ダンスシーンはちょっと可笑しくて
妙にいいなぁと思いました♪

「仕立て屋・・」は未見ですが、「列車に乗った男」と「髪結い・・」は見ましたが、特に「髪結い・・」は
すごく良かったです♪
ルコント作品、私ももっと見てみたいです。

コメント、どうもありがとうございました♪^^


>メルさんへ

「話聞き屋さん」とかできそうでしたよね(^_^;

パトリス・ルコント監督作品は
コミカルなんだけど、
妖艶さ、危うさというスパイスもありますよね。

もっと多くの作品を観てみたい監督の1人です。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

親密すぎるうちあけ話

パトリス・ルコントお得意のミステリアスで官能的で小粋なラブ・ロマンスです。 妻と別れて寂しい生活を送る税理士ウィリアム(ファブリス・ルキーニ)の元に、 ある日突然アンナ(サンドリーヌ・ボネール)が現れます。 彼女は同じフロアの精神分析医を

「親密すぎるうちあけ話」

親密すぎるうちあけ話ハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る パリのあるビルの一室にオフィスを構える孤独な税理士ウィリアム(ファブリス・ルキーニ)。ある日、 そのドアを美しい女性アンナ(サンドリーヌ・ボネール)がノックする。戸惑いながらも部屋へ招き
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。