スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のピアニスト

Category : 徒然映画

戦場のピアニスト


監督:ロマン・ポランスキー

キャスト:

エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、エミリア・フォックス

ミハウ・ジェブロフスキー、エド・ストッパード、モーリン・リップマン、フランク・フィンレイ

ジェシカ・ケイト・マイヤー、ジュリア・レイナー、ルース・プラット、ロナン・ヴィバート、ヴァレンタイン・ペルカ

製作:2002年、フランス/ドイツ/ポーランド/イギリス


ポーランドの首都ワルシャワにあるラジオ局でショパンを演奏していたピアニストのウワディスワフ・シュピルマン。しかし、爆音とともにラジオ局の窓ガラスは粉々になり、ピアノの音色もかき消された。


1939年9月。ナチス・ドイツがポーランドへ侵攻。


ユダヤ人であるシュピルマンと家族たちは、ゲットー(ユダヤ人居住区)への強制移住命令が下された。財産も没収され食べるものもなくなり、さらにドイツ兵から受ける容赦の無い迫害と虐殺の日々・・・。


1942年8月。シュピルマン一家もゲットーから強制収容所へ送られてしまう日が来てしまった。集められたユダヤ人のほとんどは、老人、女性、子供たちばかり・・・強制収容所へ送られることは死を意味していた。


貨物列車に強引に押し込められるユダヤ人たち。しかし、警察の友人の手によりウワディスワフただ1人が助けられる。


そして、ウワディスワフ・シュピルマンの生きるための孤独な闘いが始まった。


Comment:

ナチス・ドイツのポーランド侵攻から終戦までを、実在したピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの数奇な運命とともに描いた作品。


前半部のドイツ兵によるユダヤ人への迫害・・・。何の躊躇もなくユダヤ人を虐殺していくドイツ兵。老若男女を問いません。理由はユダヤ人だから・・・。何と愚かな行為なのでしょう。同じ人間とは思えません。胸が痛くなるのと同時に悔しい気持ちで目頭が熱くなってきました。


そんな中、シュピルマンだけが数々の危機を乗り越えていきます。それは奇跡そのものでした。シュピルマン自らが乗り越えたわけでなく、シュピルマンの周りいた人たちが彼を救っていたからです。


シュピルマンのピアニストとして才能を誰もが知っていたからこそ、彼を救わなければ見えない何かを失ってしまうような気にさせていたのかもしれません。


芸術は希望や未来を与え、心を豊かにするもの。それを後世の人たちに伝えなければならない「義務」をシュピルマンが背負わされたかのようでした。


後半部になると、シュピルマンはほとんど言葉を発しません。それは、シュピルマンと会話する人が誰もいなくなったからです。


1944年、8月。ワルシャワ蜂起。ワルシャワ市内でのドイツ軍と国内軍の戦いが激化します。ついに、ドイツ兵に見つかってしまったシュピルマンは死に物狂いで逃げ出します。そして、隔てた壁の向こう側には・・・。


何と不毛で非生産的な光景なのでしょう。このシーンだけでも戦争の惨状と愚かさが痛いほど感じられます。


ある建物に身を隠したシュピルマン。野菜の缶詰を見つけ必死に開けようとしたとき、1人のドイツ軍将校が見下ろしていました。シュピルマンが撃ち殺されてもおかしくはない状況です。


ドイツ軍将校の「職業は」との問いに、シュピルマンは「私はピアニストでした」と答えます。


そして、ドイツ軍将校はシュピルマンにピアノを弾かせませす。


数年間、1度も奏でることがなかったピアノ。しかし、シュピルマンは今まで練習してきたような、見事な演奏を披露します。彼は心の中でいつもピアノを奏で、孤独に耐えていたのではないでしょうか。この演奏シーンは神々しささえ感じました。


シュピルマン役はエイドリアン・ブロディ。後半の演技は必見です。この演奏シーンのために、前半の抑えた演技があったのかもしれません。今までの惨劇を見続けてきたシュピルマンの思いの丈をぶつけていたようにも感じられる迫真の演技でした。


そして、ドイツ軍将校はシュピルマンを匿います。彼も死んでいったシュピルマンの周りにいた人たちと同じように芸術に魅了されたのでしょう。何も生み出さない「戦争」より、何かを生み出す「芸術」に思いを託して・・・。


この作品は、目を覆いたくなるような惨たらしいシーンが数多くあり、観ることがつらくなりますが、この惨劇が実際にあったこと、そして、戦争とはいかに愚かな行為であるのかを知るのと同時に、芸術には国境がなく人の心を豊かにするものだと感じることができる至極の名作です。



第75回アカデミー賞 主演男優賞(エイドリアン・ブロディ)、監督賞、脚色賞

第55回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール



★★★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

こんにちは

戦争の愚かさ、悲惨さを生々しく感じることのできる映画ですよね。
自分もこの映画を観ている間は心が痛んで仕方がありませんでした。
この映画を観れば戦争をしようなどとは決して思わないですよね。
多くの人々、特に国を動かす力のある人々には
必ず観てほしい映画です。


椅子のおじいさん…

この映画を観たときは、衝撃で心臓が止まりそうでした。戦争映画はいくつも観ていますが、この作品は訴えようとする力がとても強く、心に残ります。一見ひ弱そうに見えるエイドリアン氏(当時はかなり若かったんですよね!?)の表情やしぐさに、生に対する執念を、底知れぬ力強さを感じました。

わたくしが特にショックだったのは、やはり1列に並ばせられたユダヤ人を端から銃殺していくシーンと、椅子に座ったまま動けないおじいさんを椅子ごと窓から放り投げたシーンです。原作にもあったとのことですが、あまりなシーンなので原作を読む気も失せてしまったほどです。


>Toy'sさんへ

指導者の采配1つで、
慕う人々は非も是と考えてしまう。

Toy'sさんの仰るとおりで、
国を動かす人の言動はいかに重要なものなのか、
そして、私たちはその言動を
しっかりと見極めていかなければなりませんね。


>ぬーさんへ

銃殺シーン。車椅子の老人を放り投げるシーン。
・・・ショックの連続でした。

シュピルマンが歩道を歩くシーンでも、
当たり前ように人が息絶えているのを観て胸が痛くなりました。

エイドリアン・ブロディは本当に素晴らしかったですね。
特に、ドイツ軍将校にピアノの演奏を聞かせたシーンでは、
ぬーさんと同じように底知れぬ力強さを感じました。


無題

はじめまして、ホーギーと言います。
この映画は、実在したポーランドの名ピアニストのシュピルマンの体験を基にしていることと、監督ポランスキー自身も本作同様の体験をしていることから作品にとてもリアリティがあり、素晴らしい映画だと思います。
全体的にダークな雰囲気の中で、唯一の光であり、また、キーポイントであるピアノの名曲がとても心に響きます。
当時の時代背景や歴史についてもっと理解を深めることにより、この映画をもっと深く理解することができるような気がします。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。


>ホーギーさんへ

はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。

ポーランドの悲しい歴史を映像で知ることにより、
人の狂気と戦争の愚かさが心に突き刺さってきました。

あの絶望的な状況で奏でるピアノの旋律が心に響きました。

仰るとおり、歴史を知ることでこの作品をより深く理解できると思います。

この作品は忘れてはいけない作品の1つになりました。


ピアニストと言えば

そうでした、ひでさんのところには
ほとんどのピアニストが存在してましたね(^^)

この作品は他のホロコースト作品よりも
淡々としているのに残酷性が際立っていました。
これがきっとリアルな戦争の惨状なんでしょうね。

ひでさんの仰るように、ピアノのシーンには神々しさを感じました。
芸術は戦争の対極にあるものですが、
誰もがそこに希望を見出して、思いを託していたんですね。


>YANさんへ

仰るとおり残酷性が際立っていましたね。
前半は目を覆うようなシーンばかりでした。

>芸術は戦争の対極にあるものですが、
>誰もがそこに希望を見出して、思いを託していたんですね。
ほんと、そうですよね。
あのドイツ人将校も同じ想いだったのでしょうね。

この作品は、多くの人に観てもらいたい作品です。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「戦場のピアニスト」ロマン・ポランスキー

戦場のピアニストアミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る THE PIANIST 2002フランス/ドイツ/ポーランド/イギリス 監督:ロマン・ポランスキー 原作:ウワディスワフ・シュピルマン 脚本:ロナルド・ハーウッド、ロマン・ポランスキー 出演:エ

戦場のピアニスト

【公   開】 2003年 【時   間】 148分 【製 作 国】 フランス/ドイツ/ポーランド/イギリス 【監   督】 ロマン・ポラン...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。