スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルバート・グレイプ

Category : 徒然映画

ギルバート・グレイプ


監督:ラッセ・ハルストレム

キャスト:

ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス

メアリー・スティーンバージェン、ダーレン・ケイツ、ローラ・ハリントン、メアリー・ケイト・シェルハート

ジョン・C・ライリー、クリスピン・グローヴァー、ケヴィン・タイ

製作:1993年、アメリカ


アイオワ州エンドーラ。田舎町にある個人経営の食料品店で働く若き青年ギルバート・グレイプ。弟アーニーは脳障害で10歳まではもたないと言われながらも逞しく育ち、18歳の誕生日を迎えようとしている。姉のエミーは母親代わり、妹のエレンは反抗期。兄のラリーは家を出た。そして、町一番の美人だった母親は、17年前に父親を亡くしてから過食症になり、7年前から一歩も家を出ていない。


アーニーの誕生日が近づいたある日、母親から誕生パーティを開くことが提案された。家族みんなでパーティの準備をすすめるが、アーニーはトラブルを起こしてばかりだった。


そして、家族との生活、そして、この町での生活に疲れを感じてきたギルバートは・・・。


Comment:

さまざまな問題を抱える家族の更生と自立を描いたヒューマンドラマ。


ギルバートは家族のことを誰よりも気にかけるあまり、自分の夢や希望を持てずにいました。しかし、トレーラーハウスで旅を続ける自由奔放な女性ベッキーと出会い、ギルバートの心にも変化が起きはじめます。


しかし、ベッキーから自分の思いや希望を問われたときにも、やはりギルバートは家族のことを第一に考えてしまいます。そして、自分は「いい人間になりたい」と・・・。傍から見ると「とてもいいひと」に見えるギルバート。でもギルバート自身は、自分はそんな人間ではないと言っているかのようでした。なぜなのでしょう。


ある日、ギルバートは言うことを聞かないアーニーに対し衝動的に暴力を振るってしまいます。動転したギルバートは家を飛び出しそのまま町を出てしまいます。


もしかしたら、ギルバートにはこの町から出てベッキーのように自由に生きたいという願いがあったのではないでしょうか。


兄のラリーも家を出ています。ギルバートも町から出て行けたのです。ただ、今まで田舎町でしか暮らしていなかったことで不安を感じ、家を出る「勇気」が持てず、その理由として、過食症の母親と障害を持つ弟のためだからと精一杯努めてきたのではないでしょうか。本当に「いいひと」なギルバートだからこそ、言い訳として介護している自分が偽善者だと思い込んでしまい、そんな意味も踏まえて「いい人間になりたい」とベッキーに答えたのではないでしょうか。


ストーリーの結末は、家族にとっては悲しい結末でしたが、母親が自力で2階に上がったことで、子供たちに「希望」を与え、さらに自立への「きっかけ」と「勇気」も与えていたように感じました。


悲しい結末なはずなのに、ラストシーンがハッピーエンドのように感じたのは、そこに理由があったのかもしれません。


ギルバート役にはジョニー・デップ。家族を支える大黒柱として逞しい心持ち、そして幸せのために苦悩する繊細な心も合わせ持つギルバートを好演しています。


アーニー役にはレオナルド・ディカプリオ。障害を持つ少年を見事に演じています。彼もまだあどけなさが残っていて時代を感じさせますね。


監督はラッセ・ハルストレム。まだ、監督の作品を観ている本数は少ないのですが、


「家族と自然」


この2つのテーマが監督のすべて作品の中にあるように思えてきました。

人生の中で立ち止まってしまったとき、そっと背中を押してくれるような作品でした。



第19回LA批評家協会賞 ニュー・ジェネレーション賞(レオナルド・ディカプリオ)



★★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト

Comment

こんばんわ!

何を隠そうこの作品、私が映画ジャンキーになるきっかけとなったものなんですよね。

あれは高校卒業してすぐだったかなぁ、VHSで観てめちゃくちゃ感動、以降ディカプリオやジョニー・デップの出演作品を見漁るようになり、そっからどんどん広がっていって今に至るわけです。

ディカプリオはこの映画が初見で、彼のことは全く知らなかったんですが、最初は本当に障害のある子なんだと思ってましたもの。それぐらいの名演でした。「ボーイズ・ライフ」から「太陽と月に背いて」ぐらいまでの彼はホント大好きですね。


どっちのファンでもあるので~

一番最初は、かなり前に観ました。そして最近また見返してみました。
わたくしはこの作品、ジョニーファンとしては、あまり好きではないんです。なぜならジョニーは終始表情が暗く、それは私生活がすさんでいた頃だから。
でもレオファンとしてみると、最高の出来だと思います。レオがアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたのも納得できます。
2人ともこの作品を境として、世界的に知名度も高くなったし、演技もよくなったから、全体的な評価は高いのですが、ラストがねぇ~。
全ての解決方法を「死」に任せてしまったことが納得いかないひとつです。


>馬面冠者さんへ

10代の頃に観た作品だと、特に思い入れが深くなりますよね。

ディカプリオの演技は素晴らしかったです。

「太陽と月に背いて」は観たことがありますが、
「ボーイズ・ライフ」は未見なので観てみようかと思います。


>ぬーさんへ

ジョニー・デップのプライベート情報まで
ご存知とはさすがファンですね。
すさんでいた時期もあったのですね。

確かに、1人の死によって解決した感がありましたね。

でも、離れ離れになっても
心の絆で結ばれている1つの家族の在り方を
巧く表現していたと思います。


こんにちは

すごく大好きな作品です。
現実社会の厳しさの中でもがき苦しむ若者の心の開放を雄大な自然の中で描いた、
とても爽やかな作品だと思います。
若き日のジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオの名演は本当に素晴らしいと思います。
そして厳しい現実と心の開放を描き続けるラッセ・ハルストレム監督の演出も素晴らしいですね。
この映画以降ラッセ・ハルストレム監督の映画を良く観るようになりました。

TBさせて頂きますね。


>Toy'sさんへ

TBありがとうございました。

ギルバートとベッキーが大草原に沈む夕日を眺めるシーンは、
素晴らしい自然を美しく映し出し、
ギルバートとベッキーの恋路を盛り立てていましたね。

ラッセ・ハルストレム監督の作品をもっと観てみたいと思いました。


これも

大好きな作品です。
自分の体験と重なって、思い入れの深い作品です。

ギルバートの「いい人間になりたい」・・・
やっぱり彼は本当は自由になりたかったけど、
家族の問題があり、自分の思うようには行動できなかった。
家族を足かせのように考えている自分に対して後ろめたさがあったのかも。
と言うように、私は考えていました。

だから「死」が訪れた時、そんな都合が良過ぎると思ったんですが、
ひでさんの感想のように、母親にも意識の変化があったとしたら、
ずっと足かせのままではなく、
突然死が来なくても、ギルバートは旅立てたのかもしれませんね。
そう考えれば、ハッピーエンドに素直に喜べます。


>YANさんへ

確かに後ろめたさもあったと思いますが
兄のように旅立とうと思えばできたわけですしね。

私は、ギルバートに町を離れる勇気と
自信もなかったのかなぁと思いました。

悲しい結末でしたが、
そんなギルバートの背中を押してくれたのが
母親であるかのようでした。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギルバート・グレイプ

若き日のジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオ。 若かりし頃の彼らの最高の演技を観ることが出来る映画をご紹介します。 ギルバート・グレイプ 原題:What's Eating Gilbert Grap...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。