スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善き人のためのソナタ

Category : 徒然映画

善き人のためのソナタ


監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

キャスト:

ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ

ウルリッヒ・トゥクール、トマス・ティーマ、ハンス=ウーヴェ・バウアー

製作:2006年、ドイツ


1984年、ドイツ民主共和国(東ドイツ)東ベルリン。東ドイツの秘密警察である国家保安省の局員ヴィースラー大尉は、国民を監視するシステムの第一人者。組織、局員、監視システムすべてが「シュタージ」と呼ばれ国民に恐れられていた。


共産主義体制を批判する国民を探すべく、疑いのある者には監視はもちろんのこと自宅に盗聴器を仕掛けることもあるシュタージ。特に芸術家たちは西ドイツに想いを寄せる者が多く国に対して批判的だったため、シュタージはその中の1人、演出家イェルスカの仕事を圧力によって失くしてしまう。イェルスカと共に劇を創り上げてきた劇作家ゲオルク・ドライマンはイェルスカの復帰をブルーノ・ヘムプフ大臣に懇願するも、逆に反体制派としてあらぬ疑いをかけられてしまう。


やがて、大臣の依頼により、シュタージ文化部部長グルビッツの指揮の下、ヴィースラーはドライマンの自宅に盗聴器を仕掛け、監視し始めた。


ドライマンと同棲している舞台女優クリスタ・マリア・ジーランドとの赤裸々なプライベートも包み隠さずレポートにしていくヴィースラー。しかし、ドライマンがイェルスカのために演奏した「善き人のためのソナタ」に聞き魅入られ、ヴィースラーの心は揺れ動く。


「この曲を本気で聴いた者は、悪人になれない」


次第に芸術に目覚めていくヴィースラーだったが・・・。


Comment:

1989年、ベルリンの壁が崩壊するまでの東ドイツ国民の苦悩とヴィースラーの人生を描いた社会派ヒューマンドラマ。


「シュタージ」の恐怖政治に驚愕しました。本当にあのような監視体制があったのですね。でも、ヘムプフ大臣やグルビッツは私利私欲のための「シュタージ」だったのに対し、ヴィースラーは本当に国を思い愛していたが故の「シュタージ」だったのかもしれませんね。それでも「シュタージ」は愚かな行為ですが。


そんなヴィースラーだからこそ、国を愛するように芸術も純粋に愛せたのでしょうね。そう思うと、初めのうちは彼の言動が機械染みて、いかにも旧東ドイツの局員らしいなぁと思っていたのが、すべての言動が実は彼なりのポリシーであり、また「芸術」だったのかもと思えるようになりました。


ドライマンとその仲間たちが密かに創り上げていた劇の打ち合わせにも盗聴しながら自分も参加しているような素振り。彼の調書にも「芸術」があったかのようでした。


その芸術的な調書がドライマンをヴィースラーに会わせようとしたのでしょう。ドライマンがヴィースラーを見つめるシーンに感無量です。


そして、ラストシーンのヴィースラーのセリフ。粋ですね。やはり彼の言動には「芸術」がありました。


ドライマン著の「善き人のためのソナタ」は「HGW XX7」に捧げる本であると同時に「HGW XX7」著の「ラズロ作戦」への返答なのかもしれませんね。


監督は、この作品でオスカーを弱冠33歳で受賞したロリアン・ヘンケルス・フォン・ドナースマルク。今後が注目の監督です。


ヴィースラー役にはウルリッヒ・ミューエ。旧東ドイツ生まれで、実際にシュタージにより監視された経験も持つそうです。そんな彼の繊細な演技に惹き付けられてしまいました。しかし、2007年7月に亡くなられたとのこと・・・ショックと同時に残念です。


あと印象的だったのが、クリスタ役のマルティナ・ゲデック。クリスタの女優として、そして、女性としての苦悩を見事に演じていましたね。それにしても「マーサの幸せレシピ」で主役を演じていた彼女だったとは・・・全く気付きませんでした。


社会的な観点を抜きにしても、人が抱く人生観や愛情を繊細に描いた良質な作品でした。



第79回アカデミー賞 外国語映画賞

第32回LA批評家協会賞 外国映画賞



★★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

惜しい方を

わたくしもこれは、劇場で上映されていた頃から気になっていたのですが、やはりうちのほうでは上映がなかったので、DVD化を待ち望んでいた作品でした。
盗聴とはなんと前時代的な!と思いましたが、事実なんですね。本当に辛いことです。
この作品を観た後に『ブラックブック』で再度セバスチャン・コッホ氏を観て、この人っていい人しか演じられないのかなぁ~などと思ってしまいましたが。ま、いっけど。
ウルリッヒ・ミューエ氏はこれから日本で有名になるであっただろことろなので、氏の逝去は本当に残念です。


>ぬーさんへ

辛い時代の中にも
芸術を愛し貫き通した人たちがいたことに感動しました。

ウルリッヒ・ミューエの訃報は本当に残念でしたね。


難しい作品でした

この映画のレビュー、勉強になりました。私も書こうと試みたのですが、書けなかった作品です。
もちろん、いろいろと思うところはあったのですが、うまく言葉がつながらないんです。タイトルになっている「善き人のためのソナタ」の、このストーリー上での重要性がいまいち掴みきれなかったというのもあります。
でも、国と人間個人との間で揺れ動く心情を丁寧に表現した良作だと思いました。


ひょえ~

うわわわわ…こんなところに誤字が!

>これから日本で有名になるであっただろことろなので

…ことろ?大トロ?トトロ?…
ハイ、正しくは「あっただろうところ」ですね。
なんだかイッキにコメディタッチになってしまいました…_| ̄|○ アナガアッタラハイリタイ…


>saryaさんへ

今までヴィースラーが観てきた芸術は国から定められたものばかり。

しかし、ドライマンがイェルスカのために弾いた「善き人のためのソナタ」を盗聴器から聞いたヴィースラーは、
この曲の美しい旋律によって本当の芸術に目覚めたのだと思いました。

それと同時に、この美しい芸術を無きものにする国の制度、
そして、自分のしている行為に疑問が生じてきたのだと思いました。

その辺りのヴィースラーの心情が丁寧に描かれていたと私も思います。
良作でしたね。


>ぬーさんへ

コメントの投稿者に自分のコメントへの
編集権限を与えていない
アメブロの痛いところが出てしまいましたね・・・。

この作品ではウルリッヒ・ミューエの感情を抑えた演技が秀逸でしたが、
もっとさまざまな喜怒哀楽を今後の作品で観てみたかったですね。

オフィシャルサイトに掲載されていた彼の1行だけのコメントに、
この作品への想いが詰まっているかのようでした。


国のため

ということで、彼はやってたんですよね~・・
私利私欲関係なしだったところが潔いと思いました。シュタージ自体はとても賛成できない体制ですが。

>ラストシーンのヴィースラーのセリフ。粋ですね
ほんと素敵でした。
あのラストでこの映画がさらにいい物になってましたよね。

エレベーターでの子供とのシーンは
ドキドキしちゃいましたが、すでにあのとき
彼の心には変化が起きてたんですね~。

TBさせていただきましたm(_ _)m


>メルさんへ

ヴィースラーは愛国心が強い人物だったのでしょうね。
それが、周りにいた私利私欲のために体制を利用している人間を見て疑問を感じ、
そして何より美しい芸術を聞いて心境が変化していったのだと思いました。


芸術

ひでさん、こんにちは!
旧東ドイツの実態は初めて知る事ばかりで、驚愕しましたね。
国務に忠実な男が芸術に目覚めて、
それまで味わった事のない感情に心を動かされ、
だんだん変化していく姿が本当に良かったです。

>すべての言動が芸術だった
ステキな表現ですね~
偽の調書も芸術的に書かれていましたよね~

観て良かったと思える作品でした!
アカデミー賞外国語映画賞って私にとって当たりのものが多いです。


>YANさんへ

観て良かった作品でしたね(^-^)

ヴィースラーの心の変化を
丁寧に描いていましたね。

もちろん、あのラストのセリフも泣かせます。

>アカデミー賞外国語映画賞って私にとって当たりのものが多いです。
同感です。
最近は作品賞よりも素晴らしい作品が多いような気がします。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク「善き人のためのソナタ」

善き人のためのソナタ 2006ドイツ 監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 音楽:ガブリエル・ヤレド、ステファン・ムーシャ  出演:ウルリッヒ・ミューエ(ヴィースラー大尉)マルティナ・ゲデック(クリスタ=マリア・ジーラント)セバスチ

「善き人のためのソナタ」

善き人のためのソナタ スタンダード・エディションアルバトロスこのアイテムの詳細を見る 1984年、壁崩壊前の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)の局員ヴィースラー大尉 (ウルリッヒ・ミューエ)は国家に忠誠を誓う真面目で優秀な男。ある日彼は、反体制的 疑いのある劇
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。