スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッド・ダイヤモンド

Category : 徒然映画

ブラッド・ダイヤモンド


監督:エドワード・ズウィック

キャスト:

レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー

マイケル・シーン、アーノルド・ヴォスルー、カギソ・クイパーズ、デヴィッド・ヘアウッド

ベイジル・ウォレス 、ンタレ・ムワイン

製作:2006年、アメリカ


1990年後半。アフリカの地域紛争は収まることを知らず、その武器の資金源は象牙、ゴム、ゴールド、石油ではなく不法取引のダイヤモンドである「ブラッド・ダイヤモンド」によって調達していた。


1999年、シエラレオネ共和国。幸せな家族の父ソロモンと息子ディアが住むシェンゲ村に反政府軍RUFが突如襲撃。虐殺される村人たちの混乱の中、ソロモンは家族を助けるも捕らわれの身になり、不法なダイヤモンド採掘場で強制労働させられてしまう。そこで巨大なピンク・ダイヤモンドを見つけたソロモンは隠そうとするが、ポイズン大尉に見つかってしまう。絶体絶命のソロモンだったが、そのとき政府軍の急襲に合い、今度は犯罪に加担した者となって収容所に送られてしまう。


一方、元傭兵で今はブラッド・ダイヤモンドの密売人であるダニー・アーチャーは、RUFとの取引に成功するも、密輸中に政府に取り押さえられてしまう。


首都フリータウンの収容所で偶然出会った2人。ソロモンが巨大なピンク・ダイヤモンドを隠したと知ったダニーはソロモンに近づく。


さらに、女性ジャーナリストのマディーも「ブラッド・ダイヤモンド」の不法取引の証拠を掴むためダニーに近づいてきた。


「家族」、「利益」、「真実」。それぞれ異なる目的を持つ3人が同じピンク・ダイヤモンドを求めて危険な武装地帯へと旅立つ。


Comment:

地域紛争、ダイヤモンドの不正取引の実状を描いた社会派アクション作品。


オープニングからいきなり始まる目を覆いたくなるような虐殺シーン。わずか数年前のできごととは思えない惨状です。同じ人種同士での殺戮、そして洗脳された子供たち。すべては私たちが目にするダイヤモンドのための被害者だと思うと複雑な心境になります。


そんな中、家族を助けようとするソロモンの直向な勇気に救われた感じがしました。やっと再会した妻や娘たちともフェンス越しでしか触れることができない不条理。そして、洗脳されたディアに銃口を向けられた悲壮感。それでもソロモンは幸せだった家庭を取り戻すため決して諦めませんでした。


ソロモン役にはジャイモン・フンスー。ソロモンが辿る茨の道を迫真の演技で魅せています。銃口を向けるディアを涙ながらに諭すシーンは涙を誘います。


一方、ソロモンと行動を共にするダニーは私利私欲のためにブラッド・ダイヤモンドに挑みます。しかし、それは今の生活から、そしてアフリカから逃げ出したい一身からでした。南アフリカの白人として生まれ育ち、幼い頃に家族を亡くし、傭兵として生きることしかできず、唯一、金だけを信じ、誰も信じられなくなってしまったダニー。しかし、ソロモンの家族対する想い、そして、マディーのとの愛によってダニーの心にも変化が起き始めます。


その繊細な心理描写をレオナルド・ディカプリオが見事に演じています。また、彼のアクションも必見です。まさか、あんなにキレのあるアクションができるとは思っていませんでした。いつの間にあんな骨太な演技ができるようになったのでしょう。ダニーのラストシーンはレオナルド・ディカプリオだからこそ絵になっていましたね。


マディー役のジェニファー・コネリーも勝気な女性ジャーナリストを好演しています。マディーのようなジャーナリストがいるからこそ、何も知らない私たちにも悲惨な現状を知ることができるのですね。2007年9月にミャンマーで亡くなられた日本人ジャーナリストの長井健司さんを思い出しました。


家族を命がけで救う「勇気」。

新たな人生へ踏み出す「勇気」。

真実を追究する「勇気」。


ソロモン、ダニー、マディーの3人からそれぞれの「勇気」が伝わってきました。


アクション、家族愛、ラブストーリー、社会派ドラマ・・・すべてが凝縮された見応えタップリの作品です。



★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

こんばんは

ダイヤモンドをめぐる争いや虐殺を繰り返す内戦などアフリカの深刻な問題をしっかりと提示しながらも、エンターテイメント性を高めて描いたこの作品はとても見応えがありましたね。
今はキンバリープロセスにより不正取引を防止していますが、裏ではまだソロモンの家族のような人々が数多くいるのだろうと思います。
ひでさんのレビューの通り、いろいろな「勇気」をこの映画に教えられた気がします。


>Toy'sさんへ

その通りですね。
エンターテイメントとしても見応えがあり、
さらに、問題提起もしている素晴らしい作品でした。

現在でもソロモンのような家族がいるのですね。
だとしたら、ショックです。


やっぱり、いいですよね!!

やっぱり、素晴らしいですよね!
わたくしは映画館でんもう感激しっぱなし…(゚ーÅ) DVDは予約までして買ったのに、友達の家を渡り歩いていて、帰って来ません~!
レオもジェニファーもシャイモンもみんな素晴らしかった!レオの作品としては、ここ何年かで最高の出来だと思いました。
わたくしはレオの声が大好きなんです?


>ぬーさんへ

友達に貸して返ってこないと
なかなか言いづらいものがありますよね・・・^_^;

この作品のキャストは皆素晴らしい演技でしたね。

特にディカプリオの役者として成長ぶりは、
作品を観るたびに感じられますよね。


勇気

一部社会の実情を世界に知らせる事ができる、
映画の力ってすごいですよね。
アフリカ関連の作品が、この頃多く続きました。
「ナイロビの蜂」「ホテル・ルワンダ」「ツォツィ」など

その中でも、この作品はディカプリオ主演という事もあって、
エンターテイメント性がありましたが、
内容もしっかりと重みがあって、出来のいい作品でしたね。

何事も良い方向へ進んで行くには、勇気が必要ですね!


>YANさんへ

アフリカ関連の作品は
どれも衝撃的なシーンが多い作品ですよね。

ディカプリオが頑張ってましたね。
ラストシーンがカッコ良かったです。

この作品から「勇気」を与えられました。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。