スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディパーテッド

Category : 徒然映画

ディパーテッド


監督:マーティン・スコセッシ

キャスト:

レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン

マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン、レイ・ウィンストン、ヴェラ・ファーミガ

アレック・ボールドウィン、アンソニー・アンダーソン

製作:2006年、アメリカ


マサチューセッツ州ボストン南部。治安の悪いこの地域ではマフィアが街を支配していた。州警察はマフィアのボスであるフランク・コステロの逮捕に必要な証拠を掴むため潜入捜査を決断する。しかし、現職刑事の情報は既にマフィアにも知れ渡っている。そこで、同じボストン南部出身で犯罪者の家族に生まれながら、優秀な成績で警察学校を卒業した新人警官ビリーにその危険かつ重大な任務を命じた。


一方、マフィアも警察の動きを知るため、幼い頃からコステロを慕っていたコリンが新人警官として潜入し警察の動きをコステロに提供することを画策。


ビリーはマフィアの一味としてコリンは警察官として長い生活を余儀なくされる中、ついに両者にスパイがいることが判明してしまう。


いつ正体がバレるのかが判らない緊迫した状況・・・はたしてビリーとコリンの運命は?


Comment:

香港映画「インファナル・アフェア」をマーティン・スコセッシ監督がリメイクした作品。

3部作の「インファナル・アフェア」は未見ですが、1作に凝縮したこの作品でもサスペンス、アクションとも存分に楽しめました。


敵陣に身を置くビリーとコリンの緊迫感がゾクゾクっと伝わってきます。


ビリーは自分が生まれた街の現状、そして、犯罪者の家族として虐げられながらも警官を志望するほどの正義感の持ち主。しかし、その正義感が強いがために、潜入したマフィアでの数々の悪行がビリーの心を蝕んでいきます。唯一、本当の自分をさらけ出せたクイーナンとディグナム、そして、コリンの恋人でもあるマドリンの出会いによって、ビリーの苦悩が痛いほど感じられました。


ビリー役のレオナルド・ディカプリオの演技が素晴らしいですね。「ブラッド・ダイヤモンド」との2作品でアカデミー賞主演男優賞、史上初のダブルノミネートには納得です。でも、オスカーにはまたも一歩届かず・・・オスカーに嫌われているのでしょうか。


一方、コリンは警察に潜入した途端、エリートコースを突き進みます。さらに、精神科医のマドリンとも恋仲になり順風満帆。しかし、コステロからの電話が鳴ると現実に引き戻されます。警官としての生活とマフィアとしての生活・・・いったいコリンはどちらの生活を求めていたのでしょう・・・しかし、コリンには選択する余地がありませんでした。そういう意味ではコリンも不幸な男だったのかもしれませんね。


コリン役にはマット・デイモンが好演。レオナルド・ディカプリオと対峙するシーンが見所ですね。


あとは、やはりコステロ役のジャック・ニコルソン。役に見事にハマっています。いかにもマフィアのボスといった圧倒的な存在感でレオナルド・ディカプリオとマット・デイモンを手のひらで転がしています。


相棒であるミスター・フレンチ役のレイ・ウィンストンもいい味を出していました。


キャストの配役がこの作品の成功の1つと言えるのかもしれませんね。


ただ、あえて言うなら、ラストで何ともいえない空虚感を残してしまったのではないでしょうか。2時間30分もの長い間、緊迫した状態を見せ付けられてのあのラストでは「いったい何だったのか?」と意味のないストーリーだったように思えてなりませんでした。「インファナル・アフェア」でもあのようなラストなのでしょうか。


銃は人の命だけでなく人生までも簡単に奪うことで、この作品における人間の苦悩をテーマにした重厚感をも奪ってしまったように感じました。これが「呆気ない幕切れ」というものなのでしょうね。


確かに面白かったですし、3部作を1作に凝縮したマーティン・スコセッシ監督の手腕はお見事なのですが、アカデミー賞作品賞受賞作品となると・・・疑問です。



第79回アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞

第64回ゴールデン・グローブ 監督賞

第73回NY批評家協会賞 監督賞



★★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

こんばんは

この『ディパーテッド』は観ていないのですが、
元になった『インファナル・アフェア』は以前観ました。
とても素晴らしい作品だったので、
リメイク作になかなか手が出ない状態なんです(^^;
監督、主演、物語は申し分ないと思います。
特に最近のディカプリオは素晴らしいですよね。
やはりレンタルしてこようと思います。
『インファナル・アフェア』の一作目は傑作だと思いますので、
ひでさんにも一度観て頂きたいです(^^


ほんと・・

確かに面白かったですが、リメイクのこの作品を
作品賞にちしゃうのはどうもなぁ~・・と解せませんでした(^^ゞ
オリジナル、審査員の人みんな見た?って言いたかったです(^^ゞ
監督賞は良いんですけどね♪スコテッシさんにもあげたかったので(って、偉そうに、笑)。

ラストですが、インファナル・・では
こうもうちょっとなんか”情”があるというか
アジア独特なのかもしれませんが無間道と
サブタイトルが付いてたように、人間ドラマが
描かれてました。
というわけで、比べちゃうとやはり「ディパーテッド」はなぁ~・・・と(^^;;)
でも、スッキリ終わったと言うか、何も残らず?終わったので、それはそれで良かったかな、と^^

TBさせていただきましたm(_ _)m


>Toy'sさんへ

「インファナル・アフェア」を観た後に
「ディパーテッド」を観た人のレビューは、
酷評がほとんどみたいですね。

でも、ディカプリオは本当によかったですよ。

「インファナル・アフェア」は1作だけでも完結しているのでしょうか。
3作続けてみるのはしんどいです・・・^_^;


>メルさんへ

そうですね。リメイク作品を作品賞にしてしまうと、
じゃあ、元の作品はどうなるの?って感じですよね。

この作品は、賞と獲ってしまったことで、
評価がより厳しくなってしまったのかもしれませんね。

「インファナル・アフェア」はより内容の濃い人間ドラマなのですね。
「無間道」・・・何という意味なのでしょう?
じつは韓国映画は1本も観たことがないです・・・^_^;


訂正

韓国映画ではなく香港映画でしたね。

レビューも訂正しておきますm(_ _ )m


無間道・・

って、多分永遠に続く苦しみとか精神性みたいなもの・・なのではと思います。
確かに重いですが、日本人にはその感覚が
わかるなぁ、というものでした。
で、インファナル・・・は韓国映画ではなくて
香港映画です^^
香港映画も観客を喜ばせてやるぞ~という
エンターテイメント性に長けてるような気がして
時々無性に見たくなります。
でも、そういえば最近見てないなぁ~(^^;;)

インファナ・・のIIは過去に遡ってて
今ひとつ?!なので、別に見なくても良いかも(^^ゞ
最初のと、できればIIIを^^♪

コメント&TBエコーいただいて、どうもありがとうございます♪


ごめんなさい!m(_ _)m

あ・・
訂正なさってたのを読まず、コメント書いちゃいました~(^^;;)
ごめんなさいm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m


>メルさんへ

なるほど。そのような意味があるのですね。
アジア向けの作品なのかなぁ。

私こそ、メルさん宛ての訂正コメントにしていなかったので、
判りづらかったですね。すいませんでした。


これはこれでイイ

よく出来た作品だと思いました!
あの長~~~い三部作をよくぞ1本でまとめた上にわかりやすい!

でも、どうしても長いオリジナルを3部作全部観てしまった私は、あのラストにかな~り首をかしげてしまったんです(泣)

長いしクドイけれど、アジアンなじっとり感がたっぷりなオリジナル。機会があったら是非ご覧になってくださいませ♪

ディカプリオはいい役者さんですよね♪


>Dさんへ

ということは、ラストは異なるのですね。

うぅ~、ますます観てみたくなってきました。

ディカプリオは本当に素晴しい演技でしたね。
どこまで成長していくのかが楽しみな役者さんです。


1アカデミー賞ねえ・・・

ひでさん、こんにちは!
ちょうど、スコセッシ監督の映画を観てきたところでした。
この「ディパーテッド」のテーマソングのバンド、ストーンズの映画です。

そう言えばこれはアカデミー賞作品賞でしたね。
今思うと、それほどのものだったかなあ~って感じです。
でも、アジアの作品にはない、ハリウッドらしいシャレた雰囲気と、
乾いた味わいが良かったとも思います。
とにかく、二人の俳優の演技合戦が魅力でした!


1>YANさんへ

ローリング・ストーンズは聴かないので判らないのですが、
「ディパーテッド」のテーマソングだったのですね。

この作品はディカプリオとニコルソンの演技が秀逸でした。
ディカプリオ。四度目の正直で、
今度こそオスカー獲得なるといいですね(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ディパーテッド」

ディパーテッド (期間限定版)ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 犯罪組織との繋がりを持つ自らの生い立ちと決別すべく警察官を志した ビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)。マフィアのボス、コステロ (ジャック・ニコルソン)によって育てら

ディパーテッド

ディパーテッド (期間限定) ¥2,682 アメリカ 2006年 レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン、レイ・ウィンストン、ヴェラ・ファーミガ、アレック・ボールドウィン、アンソニー・

ディパーテッド

監督:マーティン・スコセッシ 製作:2006年 アメリカ 出演:*レオナルド・ディカプリオ *マット・デイモン *ジャック・ニコルソン...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。