スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード

Category : 徒然映画

ダ・ヴィンチ・コード


過去ログ:2006年6月5日(月)

監督:ロン・ハワード

キャスト:

トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ポール・ベタニー


ルーブル美術館長のソニエールがルーブル美術館で何者かに殺害された。ちょうど、パリへ講演のため訪れていたハーバード大学教授のラングドンは、理由もわからず警察に捜査の協力を依頼される。そして、殺害現場のルーブル美術館に着いたラングドンが目にしたものは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「人体図」を模したソニエールの死体だった。驚愕するラングドン。さらに、そこに現れた暗号解読課のソフィーから身の危険を告げられる。


「第一容疑者は、あなた」と・・・。


ルーブル美術館からはじまるラングドンとソフィーの逃亡劇。ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」に隠された秘密。そして、キリスト教の教えを根底から覆す新事実。はたして、その結末は・・・。


Comment:

信じる者に従い行動すると、人は強くなるのだろうか。しかし、この作品ではほんとんどの登場人物がことごとく裏切られる。何を信じるかはその人次第。例えそれが真実でなくても。


One More:

言わずと知れたベストセラーの映画化。


原作を読まずに映画館へ観に行きました。「原作を読むと映画がつまらなくなる」というのが私の持論でして・・・。


でも、この作品に関しては、予習してからのほうがより面白かったのかもしれませんね。やっぱり、ちょっと難しかったです。


それにしても、パリは本当に絵になる街ですね。ちょっとしたカーチェイス?もあるのですが、まるで車のCMみたいです・・・。ルーブル美術館にも一度は行ってみたいものです。でも、ルーブル美術館の地下には本当に・・・おっと、これ以上は言えませんね。


さて、ストーリですが、原作を読んでいない者としては「ダ・ヴィンチ・コード」と言うわりには、ダ・ヴィンチの作品について、あまり追求していなかったような気がしました。ラングドンとソフィーの逃亡劇がほとんどで、ダ・ヴィンチの謎とかにもっとリンクしてワクワクドキドキさせてほしかったなぁと・・・。


謎があっても考える暇を与えずに、あっという間にラングドンが解読してしまった感があり、スッキリ感も味わえませんでした。


やはり無宗教の私が観たのでは感じ方が違うのでしょうか。期待があまりにも大き過ぎたのかもしれませんね。



追記:

製作:2006年、アメリカ



★★★★☆☆☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

無題

>「原作を読むと映画がつまらなくなる」というのが私の持論でして・・

私もどちらかというと、後から読むほうです!

これは、よくあの長編をこんな風にまとめたなぁ~と、違う意味で感心しました!


>Dさんへ

本を読むと時間を多く割いてしまうので、
未だに読んでいません・・・^_^;

やっぱり、映画だけにしておきます。


つい最近見ました

私数年前に読んで、つい最近映画見ました。内容知ってたはずなのに、詳細結構忘れてましたね~。短い時間内に全部詰め込まれた謎の数々を理解するの苦しかったです。それに、なんというか、真っ当すぎる感じで・・もっと違った作り方あったかなっとも思います。ひでさんのおっしゃるように、ラングドンのひらめきの連続が不自然ですよね(あ、これは原作でもそう思いましたが)。


>sarahoctavianさんへ

あのすぐ解いてしまう謎は
内容を詰め込み過ぎたからなのですね。
前編、後編、もしくは三部作にしたら面白かったのかも???

でも、原作でもヒラメキは不自然なのですね(^_^;


ご無沙汰しました

ひでさん、こんにちは!
たいてい原作のある作品は、それを超えられませんね。
この映画も同じくそうでした。
長編なので仕方ないとは思いますが。

勉強になるような知的雰囲気は味わえましたよね。
それと私もルーブル美術館の下を掘ってみたいです!(^^)


>YANさん

>たいてい原作のある作品は、それを超えられませんね。
そのようですね。
と言いつつ、原作は読んでおりませんが(^_^;

続編は・・・DVDで観ます。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード アメリカ 2006年 トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ポール・ベタニー、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ユルゲン・プロフノウ、エチエンヌ・シコ、ジャン=ピエール・マリエール やった!!! 監督:ロン・ハワ
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。