スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリデイ

Category : 徒然映画

ホリデイ


監督:ナンシー・マイヤーズ

キャスト:

キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック

イーライ・ウォラック、エドワード・バーンズ、ルーファス・シーウェル

製作:2006年、アメリカ


イギリス、ロンドン近郊のサリー州。洒落た一軒家に住むアイリスは新聞のコラムニスト。同じ職場のジャスパーに3年間も恋焦がれていたが、ジャスパーは他の女性と婚約してしまい、ショックを受ける・・・。


一方、アメリカ、ロサンゼルスの高級住宅地に住むアマンダは映画広告会社の経営者。しかし、同棲していた作曲家イーサンに浮気され、ヒステリーを起こし、イーサンを自分の家から追い出してしまう・・・。


アマンダは心のバランスを取り戻すため、休暇をとり、旅行の計画を立てようとインターネットで検索みると「ホーム・エクスチェンジ」のページが・・・。映し出された画像には、1人の休暇に最適な洒落た一軒家が紹介されていた。


その一軒家の家主はアイリス。実はアイリスも大失恋から立ち直るべく休暇をとろうとしていたのだ。アマンダとアイリスはメールのやり取りで意気投合し、早くも翌日から「ホーム・エクスチェンジ」生活を始めるために、お互いの家へと旅立つのだった・・・。


Comment:

失恋した2人の女性が家を交換して休暇を過ごし、そこで出会う人々とふれあいながら立ち直っていくハートウォーミングラブストーリー。


アイリスは何でジャスパーみたいな男を好きになったのでしょうね。彼の甘い誘惑に引っかかってしまったのでしょうか。自分の目の前で愛していたジャスパーが婚約発表したことで、普通、完全に縁を切ると思うのですが、なぜかアイリスはその後もメールや電話に気軽に出てしまいます。もちろん、内心はモヤモヤしていたとは思いますが・・・。この辺りに、アイリスの単純に断ち切れない「人の良さ」が表れているのでしょうね。それは、道に迷い困っていた老人アーサーを見過ごせずに助けたシーンでも描かれています。


アイリス役にはケイト・ウィンスレット。彼女の自然体の演技がこの作品に「旨味」を与えています。


そして、アイリスにはマイルズとの出会いがありました。このマイルズもアイリスと同じ盲目な恋をする男性。そして、「人の良さ」も人一倍。アイリスとマイルズは似た者同士だからこそお互いの気持ちが痛いほど理解し合えたのでしょうね。


マイルズ役にはジャック・ブラック。彼の人間臭さがこの作品に「コク」を与えています。


一方のアマンダはいざ1人になると退屈で仕方ありません。すぐに飽きてしまい、ロスに戻ろうかと思った時、ドアを叩く音が。そして、ドアを開けると酒に酔ったイケメンが・・・。彼はアイリスの兄グレアム。アマンダは一目惚れ、そして、グレアムは酔った勢いで一夜を共にしてしまいます。しかし、アマンダは旅行中であること、グレアムは付き合う気はないことで、お互いに「ただの遊び」として、別れますが・・・。


アマンダは少し身勝手な女性だなぁと思うのですが、グレアムはそんな彼女をすべて受け入れ大きく包み込みます。


アマンダ役にはキャメロン・ディアス。彼女のアクティブなイメージがアマンダ役にピッタリです。グレアム役にはジュード・ロウ。グレアムには女性が憧れる男性像がすべて詰まっているのでしょう。この配役もピッタリでした。


この2人がエンターテイメント的な「具材」となり、ラストで「旨味」も「コク」も合わさって「温かいスープ」のような作品に仕上がっていました。この4人の1人でも欠けていたら「おいしい」作品にはならなかったことでしょう。


でも、その後の彼らはどうなるのでしょうね。アイリスとマイルズは何となくうまくいきそうな感じがするのですが、アマンダとグレアムは現実的に考えると難しいでしょうね。アマンダがイギリスに行くことはまずありえないでしょうから、グレアム一家がアメリカに渡ってアマンダの家で暮らすとか・・・。まぁ、どちらにしてもアマンダのカカア天下になることは間違いないでしょうね。


その後の彼らを考えるのも、この作品の楽しみ方なのかもしれませんね。


ちなみに、ノンクレジットで、ジェームズ・フランコとリンジー・ローハン、そして、ダスティン・ホフマンの3人が本人役で出演しています。



★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト

Comment

うちは違います

>まぁ、どちらにしてもアマンダのカカア天下になることは間違いないでしょうね。

がっはっはっは~、まさにそのとおり!
でもアマンダもアイリスも泣き虫で~。
きっとこんな女性を男性は「カワイイ」と思うのでしょうね~?
わたくしはジュード・ロウより、ジャック・ブラックのほうがよかったですよ~。(この映画に関して言えば)
私事ですがうちは、はっきり亭主関白。言い換えればただの田舎のオヤジなんです。(-з-)

ダスティン・ホフマンはわかりましたが、えっ!?リンジー・ローハン!?気がつきませんでした…。


>それいゆ・ぬーぼーさんへ

アイリスとマイルズの関係は、
一方的に愛や知識、教養、会話を与えるのではなく、
お互いに与え合っているところが羨ましいです。

リンジー・ローハンはアマンダが休暇前に手掛けた予告編に出演しています(^_^)v


好きな作品です

単純にハッピーな気持ちになりたい時に見る作品としては最高かなぁ~と思いました

ブッ飛んだ演技のジャック・ブラックもいいけれど、この作品の彼はかっこよかったです♪
いいですよねぇ~


>Dさんへ

ジャック・ブラックは良かったですよねぇ。

マイルズのような男になりたいです。ハイ。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホリディ

ホリデイ (HD-DVD) ¥4,500 Amazon.co.jp アメリカ 2006年 キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック、イーライ・ウォラック 、エドワード・バーンズ、ルーファス・シーウェル、シャニン・ソサモン 監督・脚本:
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。