スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくを葬る

Category : 徒然映画

ぼくを葬る


過去ログ:2007年4月30日(月)

監督:フランソワ・オゾン

キャスト:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ダニエル・デュヴァル

製作:2005年、フランス


フランス、パリ。人気ファッション・フォトグラファー、ロマンは仕事中に突然倒れる。医者の診断はガン。それも手の施しようもなく余命3ヶ月と宣告されてしまう。ロマンは化学療法を断り、家族、恋人、仕事仲間の誰にも伝えず、ただ一人、孤独な死を迎えようとしていた。しかし、ロマンはその3ヶ月で祖母、子供を欲する夫婦らに出会い、「生きることとは」、「愛することとは」を考え始める。


Comment:

フランソワ・オゾン監督が「死」をテーマにした3部作の2作目。


「ぼくを葬る」というタイトルの通り、主人公ロマン自身が自分の死への決意から死までを淡々と描いていきます。しかし、この主人公、かなりの曲者。家族とはほとんど疎遠な状態。平穏な家族の絆を壊します。特に姉への接し方に棘があり過ぎです。


疎遠な理由は、彼がゲイであることも1つの理由のように感じます。しかし、彼は先天的というより後天的なゲイなように描かれています。少年の頃、何らかの理由でゲイになり、仲の良かった姉とも反発していきます。余命3ヶ月の間、度々少年の頃の自分が姿を表し出しますが、確信には触れずにそのままラストを迎えてしまいます。う~ん、ちょっと消化不良。


また違う面で彼がゲイである理由として、おそらく「子供を残せない」という設定にしたかったからなのではないでしょうか。だとしたら、あまりに安直過ぎるかと・・・。


そして、偶然子供を欲する夫婦に出会います。どうやら夫が機能不全のよう。妻がロマンに「かっこいいから」という理由だけで夫の了承の上で抱いてほしいと頼みます。そして、その妻は子供を宿します。って、本当に良いのか・・・。


そして、ラスト。彼はある場所で死を迎えます。少年の頃の自分との出会い。美しい映像。でも、現実を考えると、非常にハタ迷惑・・・。残された家族が非難されそうでかわいそう。


ということで、あまりに身勝手すぎるロマンに余計なことばかり頭によぎり、感動するどころではありませんでした。


すごかったの祖母役のはジャンヌ・モロー。迫力あり過ぎです。もうじき死にそうとは、とても思えません。


「ベッドで寝るときは、いつも裸なの・・・。」・・・ほんとにおばあさんなの?



★★★★☆☆☆☆☆



スポンサーサイト

Comment

こんにちは!

ひでさんの感想は、ちょっと私を勇気づけてくれました(^^ゞ
というのは、私の周囲では感動的な良い作品という感じで、
皆さんとても誉めてるんですよ~

ラストシーンに関しては、ひでさんほど現実的に考えず、
ハタ迷惑とは思いませんでしたが、(≧ε≦)
残された家族や恋人の心情を思うと気の毒に感じました。
やはり、ロマンが身勝手に思えましたね~


>YANさんへ

何だか独りよがりな作品でしたね(^_^;
共感するにはほど遠かったです・・・。

オゾン監督は女性を主人公にした作品が一番ですね。

コメントありがとうございました。


非公開コメント

プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。