スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザボアドッグス

Category : 徒然映画

レザボアドッグス


過去ログ:2007年4月2日(月)

監督:クエンティン・タランティーノ

キャスト:ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、クリストファー・ペン、スティーヴ・ブシェミ

製作:1991年、アメリカ


ロス市警が追っている裏世界の大物ジョーが宝石強盗の計画を企てた。大掛かりな計画のため実行する者はその筋のプロ6人。ジョーは6人に「ホワイト」、「ブラウン」、「ブロンド」、「ブルー」、「オレンジ」、「ピンク」とコードネームを付けお互いに素性を明かさないようにするなどの緻密な計画を練るが、警察に行動のすべてを見抜かれていたのか、ことごとく失敗。さらに追い詰められ、「ブラウン」は死亡、「オレンジ」は撃たれて重体、「ブルー」は行方知らずに。残る「ホワイト」、「ブロンド」、「ピンク」は6人の中に警察に内通した「イヌ」がいると疑問を抱くが・・・。はたして本当に「イヌ」はいるのか?そして彼らの運命は?


Comment:

クエンティン・タランティーノの初期の作品。

タランティーノらしいハードボイルド&バイオレンス&アクションが満載です。


お互い誰が裏切り者か判らず疑心暗鬼になるさまは、「主役」がいないことで、観ている私も誰の視点で観ればいいのか判らなくなります。また、ストーリーは現在と過去を切り替えながら進みますが、判りづらいということはなく、むしろ、テンポが良いくらい。脚本が秀逸である所以ですね。


「ホワイト」は何故「オレンジ」をあそこまで信じたのかが疑問でしたが、それは、「ホワイト」自身の直感と自分が一番「オレンジ」のそばにいたからという自信、またはその逆で、気付いていたが自分が言ったことを今さら曲げたくなかったからなのではと感じました。つまり、一本スジの通った男ってやつですね。


「オレンジ」役には、ティム・ロス。彼の出演作品は、今までアクティブでない物静かな役ばかり観て来たので、ちょっとした驚きでした。「オレンジ」が車を強奪したときに女性を誤って撃ってしまったときのサングラス越しに見せた悲しい目は、ティム・ロスだからこそできる印象的なシーンですね。


ちょっとグロいシーンもありますが、息もつかせぬ展開と衝撃のラストは一見の価値アリです。



★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト

Comment

こんばんは

初期のタランティーノ作品は結構良い作品が多いですよね。
自分もこの映画はすごく好きなんです(^^
現在と過去が交錯しますが、テンポ良い流れと切替の上手さでとても観やすかったと思います。
ハーベイ・カイテルの男臭い演技はやはり格好良いですね(^^
全体的に構成が上手い映画だなと思いました。

自分も以前感想を書いたので、TBさせて頂きますね。


>Toy'sさんへ

思い返してみると、タランティーノ作品は
現在と過去が交錯する展開が多いですね。
「パルプフィクション」
「ジャッキー・ブラウン」
「キル・ビル」
とか確かそうだったような・・・。

ハーヴェイ・カイテルは役にピッタリでしたね(^_^)v


面白かった~!^^

ほんと、脚本がとても良かったんでしょうね~♪
時間が交錯してた割にはわかりやすかったし
こういう構成だったからこそ、面白味が増したって
感じでしたもんね。

そうそう、あそこまでオレンジを信じる所以は・・?!と思ったけど、あれが彼の男義ですよね~♪素敵だったわ~^^

ラストも衝撃的だったし、大好き!^^

TB&コメント、どうもありがとうございました♪
こちらからもさせていただきましたm(_ _)m


>メルさんへ

やっぱり、「男の中の男」ハーヴェイ・カイテル。
魅せますよねぇ~。

そういえば、ストーリーの結末が
「ディパーテッド」と似ていますよね。

でも、この作品のほうがスッキリしました。


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「レザボア・ドッグス」

レザボア・ドッグス スペシャルエディションジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 犯罪のプロ、ジョー(ローレンス・ティアニー)は宝石強盗を計画し、息子エディ(クリストファー・ペン)と 他のプロの悪党たちに声をかけた。計画を成功させるためコード

「レザボア・ドッグス」

クエンティン・タランティーノ監督を一躍有名にした作品。 出たがり?なので、本人も出演してるみたいだし・・・ 「パルプ・フィクション」をDVDで見た当時より、ひらりん、映画力アップしてるし・・・

レザボア・ドッグス

ビデオ屋の店員だったタランティーノの衝撃的なデビュー作!!すべてのタランティーノ伝説はここから始まった!! 【関連記事】 レザボア・ドッ...
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。