スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21グラム

Category : 徒然映画

21グラム


過去ログ:2006年2月13日(月)

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

キャスト:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ


クリスティーナは最愛の夫と幼い2人の娘を交通事故で亡くしてしまう。加害者であるジャックは前科者であったが大切な家族と自分自身のために必死に更正しようとしていた矢先の出来事だった。一方、亡くなったクリスティーナの夫の心臓はドナー提供を待ち続けていたポールに移植されることに。奇跡的に一命を取り留めたポールであったが時すでに遅く、余命いくばくかの宣告を受けるのであった。


家族を失いドラッグにまで手を出してしまうクリスティーナ。

神にすがっても何も報われなかったジャック。

移植を受けても助からないポール。


この3人が出会うときにいったい何が起きるのか・・・。そして、彼らに救いはあるのか・・・。


Comment:

人は誰でも死ぬと21グラム減るという。私は、その「21グラム」がこの作品のキーとなる「心臓」のことかなと思っていたが、どうやら違うらしい・・・。しかし、その21グラムという「何か」を失うより、クリスティーナ、ジャック、ポールの3人は、生きていてもそれ以上のものを失ってしまうことを残酷なまでに思い知らされる。でも、生きていれば失うだけでなく得ることもできるということを私達に教えてくれる。人生とは、そして生と死とは何かを考えさせられる映画である。


One More:

主役の3人の迫真の演技が見物のこの作品。


特に、ショーン・ペンとベニチオ・デル・トロという個性派俳優2人の中でナオミ・ワッツが堕ちていく主婦を完璧に演じています。


ベニチオ・デル・トロは「ユージュアル・サスペクツ」以来、久しぶりに観ましたが老けましたねぇ。でも良い味出してます。ブラッド・ピットが老けた感じにみえました。


それにしても、最近の映画は時系列を捻じ曲げるのが流行なのでしょうか。この作品も類にもれずにこれでもかと時系列を曲げてストーリーをわかりづらくしています。


しかし、この作品に限っては、時系列通りにストーリーを展開させたほうがわかり易く感情移入もし易かったのではないでしょうか。


ストーリー、キャストとも素晴らしかったので残念でなりません。



追記:

製作:2003年、アメリカ



第60回ヴェネチア国際映画祭 男優賞(ショーン・ペン)

第29回LA批評家協会賞 女優賞(ナオミ・ワッツ)



★★★★★★★★



スポンサーサイト

Comment

こんにちは

自分もひでさんと同意見ですね。
自分もあえて時系列を変えなくても良かったんじゃないかなと思います。
ラストまで感情移入できませんでした。
キャストは本当に素晴らしいのでもったいないですよね。
最近自分もブラッド・ピットとベニチオ・デル・トロが同じに見えるようになってきました。
「スナッチ」では最初ベニチオ・デル・トロをブラット・ピットだと思ってました(^^;


>Toy'sさんへ

せっかくの迫真の演技が、
コマ切れにされた感じでしたよね・・・(T_T)

他の作品でもやはり似ているのですね。
兄弟といってもおかしくないほど似てきています(^_^)v


無題

こんばんは、ホーギーです。TBどうもありがとうございました。
イニャリトゥ監督は、「バベル」といい、時間軸を絶妙に交差させながら、パズルのように解いていく映画をホントに見事に作り上げますね。そして、この監督は、「バベル」の時も思ったのですが、タイトルの付け方のセンスは抜群だと思います。
それから、何と言っても、主役の3人の演技が最高でした。もともとショーン・ペン映画をということで観たのですが、ナオミ・ワッツとベニチオ・デル・トロがこんなに素晴らしい役者とは知りませんでした。さすが、オスカーノミネートされるだけの演技でした。
ショーン・ペンファンには、是非お勧めしたい作品ですね。


>ホーギーさんへ

コメントありがとうございます。

タイトルのセンスは抜群ですね。
ストーリー構成も「バベル」も観ると、
監督のこだわりが感じられます。

この作品ではやはり主役の3人の演技が
印象に残りました。

また観てみたい作品の1つです(^-^)


非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

21グラム

? ビデオメーカー 21グラム アメリカ 2003年 ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロ、シャルロット・ゲンズブール、メリッサ・レオ? 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 『アモーレス・ペロス』 脚本:ギジェルモ・アリアガ
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。