スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニックス・ムービー/水上の稲妻

Category : 徒然映画
ニックス・ムービー/水上の稲妻

Comment:
1人の監督の闘病を追うドキュメント。

ニコラス・レイ&ヴィム・ヴェンダース監督の作品です。ドキュメントと書きましたが、実はドキュメント・タッチのフィクションなのか、それともノンフィクションなのか・・・。

アメリカ、ニューヨーク。末期がんであり、余命わずかのニコラス・レイ監督を訪ねるヴィム・ヴェンダース監督。レイはヴェンダースに「2人で映画を撮ろう。」と話を持ちかけ、ヴェンダースはそれに応えます。

タイトルは「水上の稲妻」。

レイは編集をトム・ファレルに頼もうとしますが、ヴェンダースは反対します・・・と、この辺りまではフィクションのようなドラマ仕立てで進んでいくのですが、ここから彼の撮影風景をさらに撮影するドキュメント・タッチのフィクションも入り込んでくるのです。

でも、メイキングとはちょっと異なる雰囲気ですね。限りなくメイキングに近いフィクション・・・何だかわからなくなってきました^^

しかし、絶対的な事実としてはレイ監督が末期がんであり、時が経つにつれて頬も痩せこけていくこと・・・。

最後に登場する彼の姿は衝撃的ですらあります。

この作品では闘病の様子をほとんど映していません。

一映画人の男の最期をヴェンダースは撮り続けています。

末期がんであるにもかかわらず、大学で講演したり、舞台劇の監督をしたり・・・彼のバイタリティー、映画への想い、信念などが伝わってきます。

ヴェンダースは言います。

「フィクションより現実が勝っていた。」

ヴェンダース監督は、ヌーヴェルヴァーグの監督たち、小津安二郎監督、そして、ニコラス・レイ監督らの映画に懸ける情熱を受け継ぎ、新しい世代へと継承する監督の1人なのでしょう。

スタッフたちを乗せたジャンク船に、大海原に挑む力強さを感じました。


★★★★★★★☆☆☆


Title:
LIGHTNING OVER WATER

Country:
Sweden/West Germany (1980)

Cast:
(Himself)NICHOLAS RAY
(Herself)SUSAN RAY
(Himself)TOM FARRELL
(Herself)RONEE BLAKLEY
(Himself)WIM WENDERS

Directors:
NICHOLAS RAY
WIM WENDERS


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。