スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバター

Category : 徒然映画
アバター


Comment:
衛星「パンドラ」の先住民と地球人の抗争。

ジェームズ・キャメロン監督の作品です。本年度のアカデミー賞に9部門ノミネートされていますね。話題性だけではなく、作品の世界観、ストーリー、そして、映像美とも申し分ないです。

22世紀、人類は地球から遠く離れた神秘の星「パンドラ」を見つけます。その星の地下には貴重な鉱物があり、人類はその鉱物を手に入れようとしていました。

しかし、「パンドラ」の大気は、ものの数分で息絶えてしまうほど人類には有害であり、さらに、緑豊かなその星には今まで観たことのないような生物が生息していました。

そして、その緑の象徴でもある大樹「魂の木」を守護する先住民「ナヴィ」。「ナヴィ」たちは木の精霊「エイワ」の存在を信じ、人類の侵入を警戒するのですが・・・。

一方、人類は「パンドラ」の環境に適合させるため、「アバター」計画を進めていました。それは「ナヴィ」と人類のDNAを組み合わせた肉体を創り、その肉体へ人類の精神(魂?)を宿らせるものでした。

海兵隊員であるジェイクは、戦場で足を負傷し、下半身不随になってしまい、車椅子での生活を余儀なくされていました。新しい足を手に入れるのには多額の費用が必要でした。

そこへ、双子の兄の死の知らせとともに「パンドラ」へ向かいます。ジェイクの兄は「アバター」計画に選ばれた1人だったのです。1体にかかる「アバター」の費用は莫大なものであり、ジェイクは兄の代わりに「アバター」計画に参加することになるのですが・・・。

さらに、「パンドラ」に派遣された一兵士として、多額の報酬と新しい足を条件に、極秘に「ナヴィ」の潜入捜査を命令されるジェイク。

はたして、ジェイクの運命は・・・。

ちょっと割高でしたが、3Dで観ました。いやぁ、これがすごい!

手前にあるものはスクリーンから飛び出してくるかのように、そして、奥にあるものは果てしなく遠くにあるかのように・・・その臨場感は今までに味わったことのない感覚でした。

まさに「観るのではない。そこにいるのだ。」でした。

「ナヴィ」たちの動きも実に自然。あれはCG?それとも、実際に人が演じているのでしょうか?本当に生きているようでした。

ストーリーにはさまざまなテーマがあったと思います。

まずは主人公ジェイクのストーリー。これは「世界ウルルン滞在記」みたいでしたね^^

部族の暮らしを体験しながら、心に変化が芽生え始めるジェイク。足が自由に動かせるという爽快感、充実感を味わうだけの彼でしたが、次第に、生きる意味を探し始めます。そして、自分の置かれている立場に苦悩していくのですが・・・。

「アバター」の仕組みはちょっと「マトリックス」を彷彿とさせていたような気もしました。

次に「パンドラ」の緑、自然のストーリー。これは「風の谷のナウシカ」と「天空の城ラピュタ」、「もののけ姫」などを掛け合わしたような感じでした。

最後の戦いでは、本当に「オーム」が出て来そうな勢いでしたね^^

そういえば、グレースを生き返らせようとするシーンも「オーム」がナウシカを生き返らせるシーンと似ているかも・・・。「ナウシカ」の実写化・・・今の時代ならできるかも!?

ジブリ作品と同じように、人は自然とともに生きるべきと、この作品も伝えているようでした。

あとは、「先住民」との対立を描いたストーリー。これはいかにもアメリカって感じでしたね。アメリカの歴史をなぞらえているのでしょうか。

それにしても、もう少し、人類を「いいひと」っぽく描けないものなんですかね^^

軍を指揮していたマイルズ大佐やスポンサーの企業責任者パーカーなどは、遠くの星に派遣すべき人材ではないような・・・。重要なプロジェクトのはずなのに人選に問題アリです^^

まぁ、みんな「いいひと」だと映画になりませんから仕方ないのですが・・・。

シガーニー・ウィーヴァーが演じる「アバター」計画のグレース博士も「ナヴィ」との交流を一番に考えてはいたものの、それでも上からの目線で「ナヴィ」たちを見ていたような・・・。

その点、ジェイクは「ナヴィ」たちを同等に、むしろ、自らを蔑み「ナヴィ」たちを尊んでいたのかもしれませんね。そう考えると、ラストシーンも納得。ジェイクの選択はきっと間違っていないと思いました。

ジェイク役にはサム・ワーシントン。まったく知らないです。「ターミネーター4」に出演しているそうですね。

「ナヴィ」の族長の娘ネイティリ役にはゾーイ・サルダナ。ヒロインなのに本人がスクリーンに登場することはないとは・・・カワイソウ。「バンテージ・ポイント」に出演していた美人さんです。

マイルズ大佐役にはスティーヴン・ラング。う~ん。やっぱり知らない^^

パーカー役にはジョヴァンニ・リビシ。彼は知ってる。病的な役が似合う役者さんですね^^

カッコ良い美人パイロット、トゥルーディ役にはミシェル・ロドリゲス。彼女も知ってる。「バイオハザード」に出演していましたね。どちらの作品でも、彼女の演じる役はどうしても死亡フラグが付いてしまう^^

シガーニー・ウィーヴァー以外、キャスト陣があまり有名ではないところが展開を判りづらくして逆に良かったかもしれませんね。

シガーニー・ウィーヴァーは貫禄ありましたねぇ。パーカーとの一悶着でみせる「企業嫌い」は「エイリアン2」を彷彿とさせています。ジェームズ・キャメロン監督だから・・・まさかね^^

ラスト。

ストーリーやキャストは好き嫌いがあるかもしれませんが、圧倒的な映像美と世界観を堪能できることは間違いなしです!

あと、映画館で観るときは3D版を観るべし!ですね。音楽も躍動感があってGoodでした♪


★★★★★★★★★


Title:
AVATAR

Country:
USA/UK (2009)

Cast:
(Jake Sully)SAM WORTHINGTON
(Neytiri)ZOE SALDANA
(Dr. Grace Augustine)SIGOURNEY WEAVER
(Colonel Miles Quaritch)STEPHEN LANG
(Norm Spellman)JOEL MOORE
(Parker Selfridge)GIOVANNI RIBISI
(Trudy Chacon)MICHELLE RODRIGUEZ
(Tsu'tey)LAZ ALONSO
(Eytukan)WES STUDI
(Moat)CCH POUNDER
(Dr. Max Patel)DILEEP RAO

Director:
JAMES CAMERON

Awards:
Golden Globes, USA 2010
(Golden Globe(Best Director - Motion Picture))JAMES CAMERON


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。




スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。