スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ

Category : 徒然映画

恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ


Comment:

ジャズ・ピアニストの兄弟と女性ボーカリストのそれぞれの分岐点。


スティーヴ・クローヴス監督の作品です。「ハリー・ポッター・シリーズ」の脚本担当としても有名ですね・・・と言いつつ、1作も観ていませんんが(^_^;


この作品は、10代の頃に観て「大人の映画だなぁ」と憧れたのを覚えています。でも、なぜかレンタル店に置いてなくしばらく観れずにいたのですが、先月、BSにて放送されると判り、その日ばかりはさっさと帰宅して鑑賞した次第です。


兄フランクと弟ジャックのベイカー兄弟はプロ歴15年の売れないジャズ・ピアニスト。彼らのピアノはラウンジの客には響きませんでした。


今まで長い間付き合いのあったホテルのオーナーからもクビを宣告・・・。


そこでフランクはある提案をジャックに投げかけます。


「歌手を入れてみないか。」


彼らは女性ボーカリスト・オーディションを開きますが、中々これだと思うボーカリストに巡り合えません。しかし、遅刻してきた最後の女性スージーの声を聞き、彼らは彼女をボーカリストに・・・。


そして、いきなりの本番・・・はたして即席のショーは無事に成功するのか・・・。


邦題の「恋のゆくえ」からラブ・ストーリーを思わせますが、メイン・ストーリーはズバリ「人生の分岐点」です。


15年もひたすら弾き続けていればおのずと先は見えてしまうのでしょう。これはどんな仕事でも同じかもしれませんね。彼らは、直接言うことはありませんでしたが、行き詰っているようにも見えました。


そんな時、何かきっかけがあると、大きく変化するものです。それが、スージーでした。


スージーの歌声がピアノとともに客を魅了していきます。


スージー役にはミシェル・ファイファー。彼女のショーは必見ですね。歌もGood♪表現力もGood♪大人のムードを漂わせます。


スージーの恋のお相手は弟ジャック。天性のピアノの才能を持ちながら、なぜかその才能を自らうもらせています。何も言わずに兄に従い、タバコをふかしながら、無気力に過ごす日々。心のよりどころはアパートの上階に住む少女ニーナと黒人が集まるジャズバー・・・。


兄思いだから前に進めず、自ら前に進めないから兄にすがる。優しさと臆病さが同居しているようでしたね。


ジャック役にはジェフ・ブリッジス。ピアノを弾いている姿がまぁカッコイイこと。自分がこんな大人に近づいているのかと思うと・・・程遠いですね(^_^;


ジャックはスージーと出会い明らかに変わっていきます。そして2人は急接近・・・ちょっとドキッとするシーンもあったり・・・。


と、ここまで語ると何だか邪魔者のような兄フランク。しかし、彼がいなければ話は始まらず、そして、終わることもできません。フランクも何だかんだ言いながら、ジャックの才能を認め、心配していることが伝わってきます。でも、彼にも夢があり、夢をあきらめることがどれほどつらいものなのか・・・ジャックとは異なる苦悩が描かれています。


フランク役にはボー・ブリッジス。そう、ジャック役のジェフ・ブリッジスとは本当の兄弟なんですよねぇ・・・まったく似ていませんが(^_^;


ラスト。


いつの頃からかなあなあの間柄になっていた兄弟の間にスージーが加わることによって、兄弟は人生を見つめ直します。


思い出の酒を飲み、思い出の曲を対面式のピアノで奏でる楽しそうな2人の姿を観ていると、フランクは人気ピアニストになりたかったわけでなく、ジャックと一緒にピアノを弾いていたかっただけなのかも・・・と思えてきました。


スージーも彼らと出会って人生が大きく変わり、ジャックとの恋も・・・出会いって大切ですね。



★★★★★★★☆☆



Title:

THE FABULOUS BAKER BOYS


Country:

USA (1989)


Cast:

(Jack Baker)JEFF BRIDGES

(Susie Diamond)MICHELLE PFEIFFER

(Frank Baker)BEAU BRIDGES

(Nina)ELLIE RAAB


Director:

STEVE KLOVES


Awards:

Golden Globes, USA 1990

(Golden Globe(Best Performance by an Actress in a Motion Picture - Drama))MICHELLE PFEIFFER


Los Angeles Film Critics Association Awards 1989

(LAFCA Award(Best Actress))MICHELLE PFEIFFER

(LAFCA Award(Best Cinematography))MICHAEL BALLHAUS


National Society of Film Critics Awards, USA 1990

(NSFC Award(Best Actress))MICHELLE PFEIFFER

(NSFC Award(Best Cinematography))MICHAEL BALLHAUS

(NSFC Award(Best Supporting Actor))BEAU BRIDGES


New York Film Critics Circle Awards 1989

(NYFCC Award(Best Actress))MICHELLE PFEIFFER



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。