スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィラデルフィア物語

Category : 徒然映画

フィラデルフィア物語


Comment:

特権階級の令嬢と婚約者、前夫、記者の四角関係を描いたスクリューボール・コメディ。


ジョージ・キューカー監督の作品です。


やっぱり、この時代のコメディは面白いです。テーマやストーリー展開は今も昔も変わりないかもしれませんが、何でしょう・・・「品」があるんですよねぇ。


これは役者の力なのか、監督の演出の力なのか・・・その両方かもしれませんね。


舞台はタイトル通りフィラデルフィア。特権階級のロード家は世間からも注目の的でした。


特に長女のトレイシーは、周りの男性から、気丈な性格とその美しさから「女神」と崇められているほどでした。さらに、結婚&離婚も電撃的。初婚の相手デクスターとは式も挙げず駆け落ち同然で結婚したものの、突然離婚。その2年後、父セスが経営する鉱山会社の支配人ジョージと婚約、結婚を今度の土曜日に控えていました。


マスコミも黙っていられませんが、トレイシーは大のマスコミ嫌い。


そこで「スパイ」誌のやり手シドニーは、作家志望の記者マイクと女性カメラマンのリズにデクスターを引き合わせ、ロード邸に潜入取材を命じるのですが・・・。


トレイシーは高飛車な女性でした。いかにも特権階級の人って感じです。「女神」と呼ばれるだけあって相応のオーラを放っています。でもそれも最初だけ。次第に彼女の内面が見えてきます。


トレイシー役にはキャサリン・ヘプバーン。私のレビューにもようやくお見えになった大女優です。やっぱり、凄いの一言しか出てきませんね。トレイシー役は彼女しかできないでしょうね。あの立ち居振る舞いはまさに「女神」、「女王」の風格ですね。でも、それだけでなく、喜怒哀楽さまざまな表情を表現力豊かに魅せています。


デクスターはトレイシーに未練タラタラって感じでしたが、すべては彼の計画通りだったのかなぁ。2年間、どうやって彼女とよりを戻そうかと試行錯誤していたのでしょうね。でも、まさか思わぬところから伏兵が現れようとは、思っても見なかったことでしょうね。平静を装いつつも内心ヒヤヒヤしていたのかも・・・。


デクスター役にはケイリー・グラント。いつも冷静で紳士的な態度を見せる二枚目が良く似合います。フランク・キャプラ監督の「毒薬と老嬢」とは見比べるとぜんぜん違いますね。


記者マイクは汚い手口でスクープをものにするシドニーに嫌気が差していました。彼の書く本は繊細で詩的。傲慢な特権階級や俗世間と接することは芸術の質が落ちると考えています。しかし、マイクの本に感動したトレイシーとトレイシーの内面になる人間的な魅力に惹かれたマイクはお互いに愛するように・・・。


マイク役にはジェームズ・スチュワート。彼もキャサリン・ヘプバーンと同様にさまざまな表情を魅せます。この作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。でも、個人的にはフランク・キャプラ監督作品で受賞して欲しかったなぁ。


トレイシー、デクスター、マイクの恋の四角関係の結末は・・・あ、あれ?もう1人足りない。


・・・そうでした。トレイシーの婚約者ジョージがいました。もう、初めからそのまま結婚はしないだろうと思っていましたが・・・結構粘ります。彼は自分が政治家になることしか考えていませんでしたからねぇ。トレイシーを「女神」ではなく「女性」として見ていたらあるいは・・・やっぱりないか(^_^;


他にも、


小生意気なトレイシーの妹ダイアナ。

女性好きで手癖の悪い伯父ウィリー。

やはり女性好きで浮気を肯定する父セス。

セスの浮気を認める母マーガレット。


の個性的なロード家の面々が登場します。世間体を守るため浮気を肯定し、家を挙げて世間から隠そうとする特権階級の人々。セスにも言い分があるようですが・・・あんな言い分が通ってしまうのは特権階級ならではなのでしょうか(^_^;


あと、マイクのパートナーである女性カメラマンのリズも実にしたたかな女性でしたね。デクスターと考え方が似ているのかなぁ。恋の四角関係はトレイシー、デクスター、マイクともう1人はリズだったようですね。


ラストはどっちに転んでもおかしくない展開になります。


そして、一気にラストシーンへとなだれ込み、小粋なラストカット。このテンポ良い流れにスカッとさせられました。



★★★★★★★★☆☆



Title:

THE PHILADELPHIA STORY


Country:

USA (1940)


Cast:

(C.K. Dexter Haven)CARY GRANT

(Tracy Lord)KATHARINE HEPBURN

(Macaulay Connor)JAMES STEWART

(Elizabeth Imbrie)RUTH HUSSEY

(George Kittredge)JOHN HOWARD

(Uncle Willie)ROLAND YOUNG

(Seth Lord)JOHN HALLIDAY

(Margaret Lord)MARY NASH

(Dinah Lord)VIRGINIA WEIDLER

(Sidney Kidd)HENRY DANIELL


Director:

GEORGE CUKOR


Awards:

Academy Awards, USA 1941

(Oscar(Best Actor in a Leading Role))JAMES STEWART

(Oscar(Best Writing, Screenplay))DONALD OGDEN STEWART


New York Film Critics Circle Awards 1940

(NYFCC Award(Best Actress))KATHARINE HEPBURN



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。