スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影武者

Category : 徒然映画

影武者


Comment:

武田信玄の影武者となった盗人と戦乱の時代を生きた武将たちの物語。


その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した黒澤明監督の作品です。監督作品は今回が初めての鑑賞になります。邦画自体も数年ぶりとなりました(^_^;


3時間という上映時間に相応しいスペクタクル巨編です。


釜無川の仕置き場で逆さ磔の刑になるところを信玄の弟である信廉に拾われた盗人は、信玄と謁見し信玄から発せられる重圧に尻込みしてしまいます。


しかし、驚くべきはその盗人と信玄が生き写しの如く瓜二つであったことでした。


今まで、信玄の影武者だった信廉よりも酷似している盗人。


信廉は自分の代わりに盗人を影武者に仕立てようとしていました。


天正元年。武田の軍勢が野田城を攻め落とすまで寸前とさしかかった頃、一発の銃声が轟きます。


信玄が撃たれたのです。一命は取り留めたものの、その傷は深く、信玄は息絶えてしまいます。


信廉をはじめ武将たちは、信玄の遺言となる命により、3年は喪に秘すことを誓います。


しかし、世は戦乱を極めていました。織田信長、徳川家康に信玄の死を悟られぬために、信廉たちは味方にまで信玄の死を秘すことにするのです。


あの影武者を使って・・・。


前半は登場人物たちの人間模様を描いています。激しい展開かと思いきや意外と淡白でしたね。


オープニングの信玄、信廉、盗人のスリーショット。


諏訪湖に信玄の遺体を静めるシーン。

諏訪神社での戦勝祝いのお能の奉納のシーン。

などは、日本独特の格式のあるシーンですね。


信玄の死を探ろうとする信長と家康も個々の性格が判り易く描かれています。


ストーリーは単純明快で先の先まで読めてしまう展開です(^_^;


まぁ、史実を基にしているので、当然ですけどね。信長や家康が負けたら歴史がひっくり返ってしまいます。


ストーリーが単純である反面、セリフの言い回しがやたらと難しいです。


「喪に秘す」って「喪に服する」とは意味が違うのですね・・・自分の教養の無さに少々ヘコみます(^_^;


仕方が無いので、邦画なのに字幕をオンにしての鑑賞・・・。


後半からは影武者が信玄と偽ってからのエピソードが始まります。


容姿は生き写しであっても、その立ち居振る舞い、言葉遣いは全くの無頼な影武者に、信廉は訳を知る近習3人と小姓2人を従わせます。


後継ぎとなる孫の竹丸。

信玄の側室だったお津弥の方と於ゆうの方。

信玄にしか乗れぬ暴れ馬の黒雲。

信長と家康の間者たち。


彼らに影武者と知られぬために、才覚者である彼らは信廉たち武将と共に影武者をサポートします。


まぁ、この辺りのエピソードは喜劇のようでもありましたね。近習の1人、土屋宗八郎が「風林火山」の話を竹丸に聞かせるエピソードとかね。


信玄と影武者役には仲代達矢。当初は勝新太郎がキャスティングされていたそうですね。勝新太郎だったら、さぞかし威厳と風格のある信玄だったことでしょうね。でも、仲代達矢も信玄と軟弱な影武者とのギャップを見事に演じきっています。ラストシーンは鬼気迫る演技でした。


信廉役には山崎努。メイクの助けもあり、2人とも似ていましたね。


他にも、


土屋宗八郎役の根津甚八。

武田勝頼役の萩原健一。

山県昌景役の大滝秀治。

織田信長役の隆大介。

徳川家康役の油井昌由樹。


なども好演しています。特に印象に残るのは織田信長役の隆大介。信長って本当に豪快で野心の塊のような人だったんだろうなぁと思わせるエネルギッシュな演技でした。


ラスト。


とは言うものの、実はあまり人物を深く掘り下げていないこの作品。やっぱり、終始、淡白なんですよねぇ。


見どころは、やはりその映像美にあります。


いったい何人いるんだと言わせるほどのエキストラで撮影した信長と家康の連合軍との戦いは圧巻ですね。ただ、実際に撃たれるシーンを一切見せなかったのは意図的なものだったのでしょうか。ちょっと気になりましたね。


あと、思いのほか衣装が派手でしたね。特に蘭丸の衣装デザインが斬新でした。


音楽はどうでしょう・・・管楽器を多用していたと思うのですが・・・ちょっとイメージと違うかなぁ。


まぁ、何もはともあれ、映像に只ならぬこだわりをみせていたことが判る作品でした。



★★★★★★☆☆☆



Title:

KAGEMUSHA


Country:

Japan (1980)


Cast:

(Shingen Takeda / Kagemusha)TATSUYA NAKADAI

(Nobukado Takeda)TSUTOMU YAMAZAKI

(Katsuyori Takeda)KENICHI HAGIWARA

(Sohachiro Tsuchiya)JINPACHI NEZU

(Masakage Yamagata)HIDEJI OTAKI

(Nobunaga Oda)DAISUKE RYU

(Ieyasu Tokugawa)MASAYUKI YUI

(Otsuyanokata)KAORI MOMOI

(Oyunokata)MITSUKO BAISHO

(Nobufusa Baba)HIDEO MUROTA

(Masatoyo Naito)TAKAYUKI SHIHO


Director:

AKIRA KUROSAWA


Awards:

Cannes Film Festival 1980

(Golden Palm)AKIRA KUROSAWA



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。