スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知との遭遇

Category : 徒然映画

未知との遭遇


Comment:

人類が宇宙人と接触するまでを描いたSF大作。


スティーヴン・スピルバーグ監督初のSF映画です。何度観ても夢を与えてくれる素晴しい作品ですね。


メキシコ、ソノラ砂漠。砂嵐が吹き荒れる中、アメリカの調査団が訪れた場所には、1945年に行方不明となっていたローダーデイル基地所属の訓練飛行隊が新品同様に放置されていました。また、海のないモンゴルのゴビ砂漠には、大型船コトパクシ号が出現。さらに、調査団はインド北部、ダルムサーラへと向かい民衆が五音だけの歌を歌う異様な光景を目にします。


調査団の責任者でフランス人のラコーム博士は、会議にて調査結果を報告します。


インドで起きた五音だけの歌は、耳の不自由な子供に音楽を教える手話法ゾルターン・コダーイと一致する・・・つまりは、何らかの信号であると結論付けるのです。


同じ頃、アメリカの各地ではUFOの目撃事件が多発していました。


インディアナ州マンシー。郊外に住む母ジリアンと幼い息子バリー。ある日の夜。部屋にあるオモチャが勝手に動き出し、バリーは目を覚まします。面白がるバリーは、導かれるように外に飛び出してしまいます。母ジリアンもバリーがいないことに気づき、バリーの後を追いかけるのですが・・・。


住宅地に住むニアリー一家。電気工事会社に勤める父ロイは緊急の依頼で車を走らせますが、突如、車は停止、懐中電灯も消えてしまいます。


すると、上空に閃光が・・・。


UFOを目撃したロイは、無線でUFOはハーパー・ヴァレーへ向かったと知り追いかけます。そして、ジリアンとバリーと出会い、再度、UFOを目撃するのですが・・・。


この作品のテーマの1つとして、信じる者と信じない者の隔たりが描かれています。


ロイは、自分に起きたことを興奮したまま家族に伝えますがが、妻ロニーはまったく信じようとはしませんでした。その日からロイは狂信的にUFOに興味を抱くようになり、次第に近所の人々から変人扱いされ、家族も崩壊し始めます。


まぁ、ロニーの行動は正しいでしょうね。ロイは行動は常軌を逸していましたからね(^_^;


でも、ロニーもUFOを観ていたなら、状況は変わっていたのかなぁ。


ロイは取り憑かれたように巨大な「何か」を造形し始めるのですが・・・。


一方、ジリアンもロイと同じように「何か」をスケッチしていましたが、突如、上空にUFOが出現し、バリーが連れ去られてしまいます。


はたして、彼らがイメージしているものは何なのか・・・。そして、バリーを連れ戻すことができるのか・・・。


ストーリーだけを追っていくと、UFOが襲来したような展開になっていますが、作品全体に恐怖感は一切なく、今までのSF映画にはめずらしい良心的な作品に仕上がっています。


精神世界。人間が造り出した高性能な機械。


SF映画では必要不可欠であったこれらの要素を排除した新しいSF世界がこの作品にはあります。未来ではなく現代を舞台にしているのも真新しいですね。


ロイ役にはリチャード・ドレイファス。夢見る少年がそのまま大人になったようなロイを好演しています。ちなみに、息子トビー役の男の子は彼の甥だそうです。


ラコーム博士役にはフランソワ・トリュフォー監督。SF嫌いであるはずの監督がどういう経緯で出演したのでしょうね(^_^;


同年に公開された「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカス監督と共に、SFブーム再来の火付け役になったスティーヴン・スピルバーグ監督ですが、実は、監督としてのSF映画の本数は少なく、そのほとんどは製作総指揮としての作品が多いようです。


また、この作品には「スター・ウォーズ」のR2-D2が隠れキャラ的に登場しているということを知り、注意深く観ていたのですが・・・残念!判りませんでした(T_T)


どのシーンで登場しているのかを調べて、もう一度観てみたら・・・いました。でも判りづらかったなぁ(^_^;


ラスト。


ワイオミング州デビルズ・タワーにて宇宙人とのコンタクトを始めるラコーム博士。そして、影から様子を窺うロイとジリアン・・・。


あの五音のみのメロディが耳に残ります。このメロディの良し悪しで作品の印象も変わったことでしょうね。


ロニーたち家族を少しないがしろにしてしまった感はありましたが、ロイはあの後どうなったのでしょう・・・さすがに続編はもう無理ですかね(^_^;


最新のCG技術を駆使した新しい「未知との遭遇」なんていかがでしょう・・・その時は、スティーヴン・スピルバーグ監督のセルフ・リメイクでお願いします(^-^)



★★★★★★★★



Title:

CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND


Country:

USA/UK (1977)


Cast:

(Roy Neary)RICHARD DREYFUSS

(Claude Lacombe)FRANÇOIS TRUFFAUT

(Ronnie Neary)TERI GARR

(Gillian Guiler)MELINDA DILLON

(David Laughlin)BOB BALABAN

(Project Leader)J. PATRICK McNAMARA

(Wild Bill ('Major Walsh'))WARREN J. KEMMERLING

(Farmer)ROBERTS BLOSSOM

(Jean Claude)PHILIP DODDS

(Barry Guiler)CARY GUFFEY

(Brad Neary)SHAWN BISHOP

(Sylvia Neary)ADRIENNE CAMPBELL

(Toby Neary)JUSTIN DREYFUSS

(Robert)LANCE HENRIKSEN


Director:

STEVEN SPIELBERG


Awards:

Academy Awards, USA 1978

(Oscar(Best Cinematography))VILMOS ZSIGMOND

(Special Achievement Award)FRANK E. WARNER



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。