スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールキーパーの不安

Category : 徒然映画

ゴールキーパーの不安


Comment:

プロサッカー選手の深層心理を描いたサスペンス&ロードムーピー。


ヴィム・ヴェンダース監督の初期の長編作品です。


ゴールキーパーを務めるヨーゼフ・ブロッホは、試合中、審判に猛抗議し退場させられてしまいます。ヨーゼフは怪我を理由にしばらくレギュラーから外され休養を取ります。


宛てもなく街を彷徨うヨーゼフは、映画館の受付嬢グロリアに目が留まり、仕事を終えたグロリアの後を追うのですが・・・。


非常に淡々と描かれています。それが、ヨーゼフの誰も知らない見知らぬ街で過ごす姿と同調しています。試合でみせた激しい言動とは間逆です。プロサッカー選手と言っても、おそらくヨーゼフは一流のチームには所属していないのでしょう。さらに、試合で良い成績を得ることができず、退場させられては暮らしに余裕も生まれません。


ヨーゼフの生活は地味なものでした。


グロリアの後を追う姿はストーカーでしたね(^_^;


でも、グロリアはヨーゼフから声をかけられてまんざらでもなさそうです。自宅にまで招きいれてしまいます。そして、一夜を共にします。


翌朝、朝食を取る2人。グロリアはヨーゼフがサッカー選手ではなくボクサーだと思っていたようです。グロリアはサッカー選手だと知ると執拗にどこのチームだのと質問します。でも、ヨーゼフは答えをはぐらかします。


そして、グロリアはベッドに寝転がり、冗談でヨーゼフの首を自分の腰に巻いていた紐で絞めます。ヨーゼフもグロリアの首を手で絞めるのですが・・・ヨーゼフは冗談ではありませんでした。


動機が判らない衝動的な行動でした。ヨーゼフは自分の未来に不安を感じていたのでしょうか。軽々しく質問するグロリアに気が立ってしまったのでしょうか。


ベッドで息絶えたグロリアを背にヨーゼフは慌てる様子もありません。ヨーゼフは古くからの知り合いである女性ヘルタが経営している居酒屋がある町へと逃げるように旅立ちます。


ヘルタの町では、少年の行方不明事件が一番の話題になっていましたが、同時に映画館の受付嬢殺害事件の話題も新聞に取り上げられていることを知ります。


はたして、ヨーゼフの運命は・・・。


ヨーゼフは人生をゴールキーパーの不安になぞらえているようです。どこにボールをシュートしてくるのか。ゴールキーパーは自分の不安に打ち勝ち、相手の考えの一歩先を読まなくてならない・・・。


明確なラストは避けているこの作品。でも、個人的にはオープニングでのサッカーの試合のように、ヨーゼフはレッドカードを示されてしまうのではないでしょうか。


いかにもヴェンダース監督らしい作品なのですが、サスペンスとして観てしまうと肩透かしを食わされてしまうかも・・・ご注意を(^_^;



★★★★★☆☆☆☆



Title:

ANGST DES TORMANNS BEIM ELFMETER, DIE


Country:

West Germany/Austria (1972)


Cast:

(Joseph Bloch)ARTHUR BRAUSS

(Hertha Gabler)KAI FISCHER

(Gloria)ERIKA PLUHAR

(Maid)LIBGART SCHWARZ


Director:

WIM WENDERS



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。