スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男と女

Category : 徒然映画

男と女


Comment:

夫、妻を亡くした男と女の恋の予感を描いたラブ・ストーリー。


ダバダバダ♪ダバダバダ♪でお馴染みのこの作品。


娘フランソワーズをドービルにある寄宿舎へ預けた女性アンヌは、帰りの汽車に乗り遅れてしまいます。そこに丁度、息子アントワーヌを預けに来た男性ジャン=ルイ・デュロックに送ってもらうことになりました。


ジャン=ルイの車に乗るアンヌ。


はじめはお互いの子供の話で盛り上がりますが、そのうちお互いの素性について語り合います。


その時のアンヌのはぐらかし方とかが、まぁ大人(^_^;


あんな微笑みをされてはジャン=ルイならずともイチコロです(*^_^*)


アンヌは映画の撮影スタッフとして働いています。夫ピエールはスタントマンでした。


アンヌの回想で登場するピエールはサンバが生活の一部と化している男。でもサンバと言うよりボサノヴァかな。彼が歌うボサノヴァが心地良くアンヌとの幸せな生活を表現しているかのようでした。


2人は同じ現場で働いていましたが、ピエールは撮影中の事故で亡くなってしまいます。


ジャン=ルイは車の整備士兼レーサーです。ル・マン耐久24時間レースにも出場するほどの有名なレーサーでしたが、レース中に事故に遭い病院にて緊急出術することに・・・。


そして、心配性の妻が狂乱して自殺してしまうという最悪な事件へと発展してしまいます。


アンヌ、ジャン=ルイとも愛していた夫、妻を突然亡くし、心が空虚で満たされていました。


そんな2人が互いに惹かれ合うのは必然だったのでしょう。


でもお互いに経験を積んだ大人同士。ストレートに愛の告白はしないのです。


ジャン=ルイはモンテカルロ・ラリーへの出場を決意し、レースが終わったら戻ってくるとだけ伝えますが・・・。


アンヌ役にはアヌーク・エーメ。美人ですねぇ。彼女の口元が魅力的です。


ジャン=ルイ役のジャン=ルイ・トランティニャンも誠実なジャン=ルイを好演しています。でも、ジャン=ルイには他に女性がいたようなシーンもありましたね。誠実とはちょっと言えないのかな?


監督はこの作品で一躍有名になったクロード・ルルーシュ。しかし、この作品は、まだ有名になる前・・・。セットではカラーで撮影できたものの、ロケでは予算が足りなかったためモノクロで撮影することになったそうです。でも、それが意外に作品に趣きを与えているのではないでしょうか。


ストーリー終盤にもなると、2人の気持ちがさらに狭まっていきます。


アンヌの電報・・・電話でないところが彼女の心情を表現しているかのようです。


そして、ジャン=ルイのアンヌへの募る想い・・・。ちょっと計算高い男だなぁと感じてしまうのですが、愛する女性に会うときの男の心情が伝わってくるシーンだと思います。男は愛する女性の前ではカッコ良くありたいものです。


そして、愛を確かめ合う2人。


しかし・・・。


アンヌの心の葛藤が伝わってきます。


それにしても、ジャン=ルイは計算高いなぁ。恋愛の達人?押す場面と引く場面をわきまえています。あの状況で、別れてしまうのではなく、一歩身を引いてアンヌに考える時間を与える・・・大人だなぁ・・・。


そして、先回り・・・ニクい演出です。


フランス映画を象徴するようなオシャレなラブ・ストーリーでした。



★★★★★★★☆☆



Title:

UN HOMME ET UNE FEMME


Country:

France (1966)


Cast:

(Anne Gauthier)ANOUK AIMEE

(Jean-Louis Duroc)JEAN-LOUIS TRINTIGNANT

(Pierre Gautier)PIERRE BAROUH

(Valerie Duroc)VALERIE LAGRANGE

(Antoine Duroc)ANTOINE SIRE

(Francoise Gauthier)SOUAD AMIDOU


Director:

CLAUDE LELOUCH


Awards:

Academy Awards, USA 1967

(Oscar(Best Foreign Language Film))

(Oscar(Best Writing, Story and Screenplay - Written Directly for the Screen))CLAUDE LELOUCH

(Oscar(Best Writing, Story and Screenplay - Written Directly for the Screen))PIERRE UYTTERHOEVEN


Cannes Film Festival 1966

(Golden Palm)CLAUDE LELOUCH

(OCIC Award)CLAUDE LELOUCH


Golden Globes, USA 1967

(Golden Globe(Best Foreign-Language Foreign Film))

(Golden Globe(Best Motion Picture Actress - Drama))ANOUK AIMEE



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。