スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主人公は僕だった

Category : 徒然映画

主人公は僕だった


監督:マーク・フォースター

キャスト:

ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ、マギー・ギレンホール

製作:2006年、アメリカ


国税庁の会計監査官ハロルド・クリックは、度が過ぎるほどの几帳面な男。自身の腕時計を頼りに日々の生活を分刻みで決めながら過ごしていた。


そんなある日、突然聞こえてくる女性の声。


振り向いても誰もいない。しかし、逐一ハロルドの行動をまるで小説のように語る声。自分にしか聞こえない声によって、今までの生活が乱れてくるハロルドは試行錯誤するも手立てがなかなか見つからない。そして、その謎の声から発せされた言葉に驚愕する。


「このささいな行為が死を招こうとは彼は知るよしもなかった。」


Comment:

謎の声によって人生を見つめ直す男を描いたコメディタッチのヒューマン・ドラマ。


これは発想が面白かったですね。オープニングでよく登場するナレーション。もし、そのナレーションが主人公ハロルドに聞こえていたら・・・。


真面目なハロルドは、いや誰でもそうだと思うのですが、声が気になって仕事に集中できなくなります。国税庁の専属ドクターのセラピーを受けさせられ、有給を勧められるハロルド。自分がおかしいのではなく声が邪魔をするだけだとわかっているハロルドにとってはセラピーは無用でした。


しかし、謎の声から死の宣告を告げられると、そうも言っていられなくなりました。


別の医者のセラピーを受けても信じてもらえず、パニックになるハロルド。しかし、謎の声が物語を語るような口調で話すことを告げたら文学の専門家にでも行くといいとアドバイスを受け、真面目なハロルドは即実行。文学理論の大学教授ジュールズ・ヒルバートに会いに行きます。


この教授がまた変な人でしたね。普通に考えれば信じられないハロルドの話を信じてしまいます。そして、教授は悲劇の話を喜劇に変えればいいとアドバイス。ハロルドは身の回りに起きる悲劇と喜劇の数を数えていきます。


しかし、ハロルドの職業は会計監査官。人から妬まれる職業でした。現在、担当しているパン屋の女主人アナ・パスカルが税金を未納しているため監査しますが、店の客からは暴言を吐かれ、アナも嫌がらせをしていきます。悲劇の数をどんどん増えていくハロルド。


でも、ハロルドも自ら悲劇を作っていました。彼の真面目さ故の悲劇なのですが・・・。アナは良い人であることは伝わってくるのですが、なぜにハロルドに好意を寄せたのかがちょっと疑問でした・・・一目惚れなのですかね。


その後も教授からアドバイスを受けるハロルドでしたが、すべてが裏目に出てしまいます。


そして、ハロルドは残りの人生を謳歌するために、今までの生活をリセットして自由気ままに生きようとします。このきっかけを作った親友のデイヴが意外とこのストーリーのキーパーソンなのかもしれませんね。その甲斐もあってアナとも良い関係になっていきます。


そんな中、ついに謎の声の主が判明しますが・・・。


もし、自分がハロルドの立場だったら、ストーリー通りに行動できるのか。すべてを知ったからには、会社を休んででも外に出なければ助かったかも。でもそうなると少年の命が・・・。正直、私にはハロルドほどの勇気がないみたいです・・・。


でも、このストーリー。すべては謎の声の主である作家カレン・アイフル次第・・・。もし、自分がカレンの立場だったら、私もカレンと同じ行動を取ったと思います。声の主が教授でなくてよかった・・・。


個性溢れる登場人物を個性派&演技派の役者たちが好演。爆笑するほどではないにしろ、飽きさせないストーリーは発想と役者たちの功績なのかもしれませんね。



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。