スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッキーナンバー9

Category : 徒然映画

ラッキーナンバー9


監督:キオニ・ワックスマン

キャスト:

フレディ・プリンゼ・Jr、ロゼリン・サンチェス

ヴィング・レイムス、カラム・キース・レニー、デヴォン・サワ、アンガス・マクファーデン

製作:2005年、アメリカ


アメリカ、ニューオーリンズ。マフィアのボス、カールのプールバーにジェリコと名乗る青年がやって来た。ジェリコは神業的なキューさばきを魅せ、ハスラーとしてカールのマフィア=トライブ(部族)に入る。


2ヵ月後、カールはプールバー「シューティング・ギャラリー」を開店する。セクシーなジェズが色気で客を釣り、ジェリコをはじめとするハスラーたちに荒稼ぎをさせていた。そして、カモになった客たちにはときには暴力も・・・。


そんなある日、街に凄腕ハスラー、テンダーロイン・トニーが現れた。同じくナインボールの達人であるカールとは昔からの因縁があった。カールは店の一番手ポールを降格させジェリコにテンダーロインの相手をさせようと画策する。


しかし、ジェリコはカールの知らないところで別のスポンサーと契約していた。スポンサーはモーテンセン。刑事である彼は同僚をカールに殺されていた。しかし、その証拠が映っているテープはカールの手にある。モーテンセンはジェリコを使ってカールからテープを奪おうと画策する。


カール、モーテンセン、そしてジェリコ。それぞれが描くシナリオ・・・。はたして、誰のシナリオに誰が踊らされるのか・・・。


Comment:

プールバーで暗躍する金と犯罪を描いたクライム・サスペンス。


「ラッキーナンバー9」・・・何でこんなタイトルを付けたのでしょうね。あきらかに「ラッキーナンバー7」をパクッていますよね・・・(^_^;


B級の臭いがプンプンしていたのですが、ストーリーは面白かったです。


もちろんビリヤードのシーンもあり、サクサク、ボールがポケットされていきます。ナインボールのルールを知らなくてもストーリーには影響ありません。誰が最後に生き残るのかがメインストーリーになっています。


モーテンセンはカールの襲撃から唯一生き残った刑事でした。彼は同僚を殺害された復讐のため、ジェリコを利用しますが、さらにカールのライバルであるテンダーロインのスポンサーにもなり、二重の罠を仕掛けてカールから証拠のテープを奪おうとします。


一方、カールはジェリコを使ってテンダーロインを打ち負かそうと躍起になりますが、ジェリコの背後にモーテンセンがいることを嗅ぎ付け、ジェリコを脅迫し、モーテンセンのシナリオの裏をかこうとします。


はたして、ジェリコはカールとモーテンセンのどちら側に付くのか。


さらに、テンダーロイン、降格されてしまった元一番手ポール、ジェリコに付くジェズも入り乱れて、予測不能な状況に・・・。


もちろんギャンブル映画ですから、どんでん返しもあります。カール、モーテンセン、テンダーロインなど個性的なキャラクターも活きているのですが・・・。


主人公があまりに地味過ぎました・・・(^_^;


フレディ・プリンゼ・Jrのファンの人には申し訳ないのですが、これはもう配役のミスと言っていいのかもしれませんね。作品の世界観に合っていないような気がしました。もっとワイルドな役者を起用すれば面白かったのになぁと・・・。例えば、コリン・ファレルとかね・・・ギャラ的に無理かな?


あとは、やはり邦題ですね。ナインボールだから「9」という安易なタイトル。「9」がラッキーナンバーであるなんて一言も言いませんし、「9」を象徴的に扱うシーンも一切ありません。むしろ、カールの部族の証である「8」のほうが印象に残りました。


ストーリーが良かっただけに・・・う~ん、残念。



★★★★☆☆☆☆☆☆



スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。