スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こわれゆく世界の中で

Category : 徒然映画

こわれゆく世界の中で


監督:アンソニー・ミンゲラ

キャスト:

ジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ、ロビン・ライト・ペン

マーティン・フリーマン、レイ・ウィンストン、ヴェラ・ファーミガ、ラフィ・ガヴロン、ポピー・ロジャース

製作:2006年、イギリス/アメリカ


ロンドン、キングス・クロス。治安の悪いこの都市の再開発プロジェクトに携わる建築家のウィルとサンディは、キングス・クロスに新オフィスを構えた。しかし、治安が悪いためか窃盗が相次ぎ、ウィルとサンディは夜中にオフィスを見張ることにした。


数日後、ウィルが見張っていると、1人の少年がオフィスに侵入しようとしていたところを目撃する。逃げる少年を追うウィル。そこへ少年と少年の母親の姿が目に映った。その女性アミラは、以前、公園で言葉を交わした女性だった。


同棲中のリヴとリヴの娘ビーとの関係がうまく行かず疲れを感じていたウィルにとってアミラの活き活きとした姿は魅力的だった。窃盗犯の息子ミロを捕まえるはずのウィルだったが、次第にアミラに惹かれていく・・・。しかし、アミラは別の理由でウィルに近づいていた・・・。


Comment:

それぞれに抱える心の悩みや愛を家族の再生とともに描いた作品。


自閉症と診断されたビーを介護するリヴは疲れ切っていました。会社も辞めすべてをビーに捧げる生活。リヴはすべてを1人で解決しようとしていたのかもしれませんね。いくらウィルが話しかけても見向きもしないリヴ。2人の間に隙間が生まれウィルは仕事にのめり込み、2人の関係はさらに悪化していきます。そして、ウィルの目の前にアミラが現れました。


アミラの人間らしい魅力に惹かれるウィル。リヴとビーとの生活に溶け込めないウィルの心情がアミラと出会う前から繊細に表現されていたので、アミラとの関係はなるべくしてなってしまったかのように描かれています。この2人の関係に共感できるかできないかで、この作品の評価が大きく分かれると思います。


リヴとアミラがまったく非対称な女性であったのも、ウィルがアミラに魅力を感じた理由なのかもしれませんね。


この2人の女性に挟まれながら苦悩するウィル役にはジュード・ロウ。ウィルは愛を与える男ではく愛を求める男だったのかもしれませんね。ジュード・ロウの甘いマスクが愛したいより愛されたいウィルのイメージにピッタリでした。


リヴ役にはロビン・ライト・ペン。頬がこけ、目の下にクマができ、介護に疲れたうつ病の母親役を見事に演じていました。彼女の素敵な笑顔が、この作品では疲れているように見えてしまいます。それだけ役に徹していたということにもなりますね。


アミラ役にはジュリエット・ビノシュ。この作品ではボスニア人として演じていますが、ジュード・ロウやロビン・ライト・ペンとは明らかに違う異国の雰囲気を漂わせ、ボスニアからの移民人として、母親として、そして女性として、芯の強い魅力あるアミラを好演していました。


ラストの展開はいかにも映画らしいラストで現実的ではありませんが、ウィルの愛に対する考え方が変わったことが伝わってくるシーンだったと思います。


都市再開発。以前の街を取り壊し、新たな街を築き上げていく。ウィルとリヴの関係。アミラとミロの関係。それぞれの心の中にあるこわれかけた世界。その中で彼らは今まで埋もれていた真実の愛を見つけたようでした。


でも、そのきっかけである窃盗や浮気がなければ、それぞれの関係が修復できなかったかのような結末に少し疑問を感じてしまいました。せめて罪に対する罰を与えていれば、よりリアリティを感じていたのかもしれませんね。


キャストや映画の持つ雰囲気が良かっただけに残念でした。



★★★★★★☆☆☆



スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。