スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるいは裏切りという名の犬

Category : 徒然映画

あるいは裏切りという名の犬


監督:オリヴィエ・マルシャル

キャスト:

ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデュー、アンドレ・デュソリエ、ヴァレリア・ゴリノ

ロシュディ・ゼム、ダニエル・デュヴァル

製作:2004年、フランス


オルフェーヴル河岸36番地のパリ警視庁。レオ・ヴリンクスは部下からの人望も厚いBRI(探索出動班)のベテラン刑事。ドニ・クランはエリート志向の強いBRB(強盗鎮圧班)の刑事でレオとはかつての親友。この2人が次期長官候補として名が挙がっていた。


現在、パリでは現金輸送車強奪事件が多発し、多額の金額が強奪され死者も出ていた。レオはかつての情報屋シリアンから強奪団の情報を得るものの、その代わりに殺人の片棒を担いでしまう。


そして、強奪団のアジトを取り囲むレオをリーダーとするBRIとサポートに回ったBRBは現行犯での逮捕のため待機していたが、自分の立場に納得できないドニは待機中にも関わらず命令を無視して単独行動を取ってしまう。その結果、激しい銃撃戦となりレオの親友エディが撃たれて殉職してしまった。


この件で明暗が分かれたにみえたドニとレオだったが・・・。2人の男の権力と復讐の人生の結末は・・・。


Comment:

最近のフランス映画にはめずらしい、ハードボイルドな作品。

このような作品を「フィルム・ノワール」と言うそうです。


この作品、実話に基づいていると後で知り、結構ビックリしました。


暴力という名の正義とでも言うのでしょうか。ウィンターシュタイン兄弟への報復はほとんどマフィアと変わらないですね。でもこれが後の伏線になるのですが・・・。


ドニがなぜあそこまでレオに対してライバル心を剥き出しにしていたのかがよくわかりませんでしたが、2人は同じ女性カミーユを愛してしまい、カミーユはレオと結婚したため、以来、2人は犬猿の仲という設定だそうです・・・そんな話、作品の中で描かれていたかなぁ。


でも、かつて愛したカミーユを自分の昇進のための道具に使ってしまうドニ・・・。ドニは強盗団逮捕の失敗から、昇進したい想いとレオに勝ちたい焦りが抑えきれなくなったのか・・・それとも、もう後には引き返せないと思ったのか・・・。


レオ役にはダニエル・オートゥイユ。「隠された記憶」の彼しか観ていないのですが、アクションもできるのですね。


ドニ役にはジェラール・ドパルデュー・・・鼻に特徴があります。


原題は「36 QUAI DES ORFEVRES」。フランス語ですかね・・・何と読むのでしょう。

「36」とあるから「オルフェーヴル河岸36番地」という意味かな。


邦題の「あるいは裏切りという名の犬」のほうがイメージとしてピッタリです。

原題と違う邦題の中ではピカ一のセンスですね。


ラストの展開はわかってしまったものの、スピーディな展開と男臭さがカッコいい作品でした。見応えアリです。



★★★★★★★★☆☆



スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。