スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・ダリア

Category : 徒然映画

ブラック・ダリア


監督:ブライアン・デ・パルマ

キャスト:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク

製作:2006年、アメリカ


1947年、ロサンゼルス。市内の空き地で、口を耳まで裂かれ、胴体を切断されている女性の死体が発見された。死体は身元は、エリザベス・ショート。女優を夢見てポルノ・フィルムにも出演していた彼女はいつも黒い服を着ていたことから「ブラック・ダリア」と呼ばれていた。


ロス市警の特捜課に配属されたバッキーとリーは「ブラック・ダリア事件」の捜査を開始。しかし、バッキーはリーの恋人ケイに暴行した凶悪犯ボビー・デウィットの出所が気になって仕方がない。バッキーはリーにデウィットの出所後の捜査を優先させようと懇願するも、なぜかリーは「ブラック・ダリア事件」に執着する・・・。


バッキーの捜査の行方を軸に、リーとケイの三角関係、リーの秘密、そして、ブラック・ダリア事件の真相に迫る。


Comment:

「L.A.コンフィデンシャル」の原作者ジェイムズ・エルロイが実際に起きた「ブラック・ダリア事件」を題材にした同名小説を監督ブライアン・デ・パルマが映画化した作品。


なるほど。「L.A.コンフィデンシャル」と世界観は似ていますね。


でも何だろうこのモヤっと感は・・・。


最大の原因はストーリーの展開にあると思います。「ブラック・ダリア事件」だけを焦点にすれば良いものを「ボビー・デウィット事件」を絡めてストーリーを展開していくので理解に苦しみます。しかも「ボビー・デウィット事件」に関してはバッキー、リー、ケイとの会話のみで進むのでさらに混乱させます。ケイの腰の焼印「BD」が間際らしいことこの上ないです。


また、リーの秘密もあまり確信に触れずに終わっているような感じ。バッキーとリー、そしてケイの関係もこの作品のテーマとなっているはずなのに・・・。はじめのボクシングのシーンって必要だったのかなぁ。


そして、肝心な「ブラック・ダリア事件」の呆気ない展開。実話を基にしているのであまり脚色を加えると批判が出てしまうからかもしれませんが、映画としては面白みに欠けてしまいます。


「実話を基にした作品」、「謎の惨殺死体」、「注目の若手俳優達」、「大物監督と原作者」。

映画作品としてこれだけの素晴しいコンテンツがあるのに・・・もったいないなぁ。


あと、スカーレット・ヨハンソンの惹き込まれる青い瞳が封印されていたのも残念でした・・・。



★★★★☆☆☆☆☆



スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。