スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウ2

Category : 徒然映画

ソウ2


過去ログ:2006年5月4日(木)

監督:ダーレン・リン・バウズマン

キャスト:ドニー・ウォールバーグ、ショウニー・スミス、トビン・ベル


ジグソウの衝撃の殺人ゲームから1年。警察は未だジグソウを逮捕できずに被害者を増やし続けていた。そんな中、ついに刑事エリックはジグソウの居所を見つけ、チームを組んで逮捕に向かう・・・。一方、とある場所に男女8人が監禁されていた。その場所には遅効性の毒ガスが充満しており、今から2時間以内に解毒剤の注射をしなければ死に至ると知らされる。もちろん、仕組んだのはジグソウ。8人はジグソウに与えられたゲームに勝たなければ注射器を手に入れることはできない・・・。そのころ、ついにエリックはジグソウを逮捕するが、ジグソウに現在監禁されている8人の映像を見せられる。そこには、なんとエリックの息子がいたのだ!


Comment:

監禁された8人はジグソウのゲームにより1人、また1人と殺されていき、生き残っていく者たちはそれぞれ相手を疑いはじめる。それはまるでアガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」のような展開。前作「ソウ」ともしっかり繋がっていて、そのラストシーンは鳥肌モノである。


One More:

怖いだけでなく、次が読めない展開にハラハラドキドキ。

シリーズものになると、とかく「2」の評価が落ちてしまうものですが、この作品はその定石を打ち破った感じ。前作「ソウ」を観ていない人はまず「ソウ」から観ることをオススメします。


でも、もう一回観たいかなぁと思うとそうでもないかも。

「ソウ」もそうなのですが、大どんでん返しがわかっていると、話の面白みが半減してしまうような気がするんですよねぇ。一回観たらお腹いっぱいって感じです。



追記:
製作:2005年、アメリカ


「ソウ3」をレビューしたので、過去ログから「ソウ2」を引っ張り出してきました。


はじめのシーンのあまりのグロさに観るのを止めてしまった記憶があります。元々、血がドバァ~系はダメなんですよね。でも、「ソウ」シリーズはそれに勝るほどの心理的描写が秀逸なので、つい観てしまいます。



★★★★★★☆☆☆☆



スポンサーサイト
プロフィール

Author:ひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
コメント・TBについて

コメント・トラックバックとも大歓迎ですが、異なるブログの場合は返信できないこともあるようです。予めご了承ください。
また、記事と無関係なコメント・トラックバックは削除させて頂きます。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。